試算条件

◎想定条件 戸建住宅 4人家族

■使用機器
【従来システム(ガスファンヒーター使用)】ガスふろ給湯器、ガスファンヒーター(リビング・ダイニング)、ガスコンロ、電気エアコン
【エネファームtype S × 太陽光発電】エネファームtype S(家庭用燃料電池コージェネレーションシステム)、ガス温水床暖房(リビング・ダイニング)、ミストサウナ機能付きガス温水浴室暖房乾燥機、ガスコンロ、電気エアコン、太陽光発電3.6kW
【オール電化×太陽光発電】CO2ヒートポンプ給湯器、電気式床暖房(リビング・ダイニング)、ミストサウナ機能付電気式浴室暖房乾燥機、IHクッキングヒーター、電気エアコン、太陽光発電3.6kW

■エネルギー使用量と適用料金
【従来システム(ガスファンヒーター使用)】年間ガス使用量:732m³/年(適用ガス料金:一般料金) 年間購入電力量:5,389kWh/年(適用電気料金:従量電灯A)、合計ランニングコスト:約276,000円/年
【エネファームtype S×太陽光発電】年間ガス使用量:1,343m³/年(適用ガス料金:マイホーム発電料金 オプション割引9%)、年間消費電力量:5,389kWh/年、年間購入電力量:883kWh/年(適用電気料金:従量電灯A)、太陽光発電量:4,157kWh/年、売電量:3,872kWh/年、合計ランニングコスト:約59,000円/年
【オール電化×太陽光発電】年間消費電力量:11,293kWh/年、年間購入電力量:8,886kWh/年、太陽光発電量:4,157kWh/年、売電量:1,748kWh/年

■CO2排出係数
都市ガス:2.29kg-CO2/m³(当社データ) 電気:0.65kg-CO2/kWh(地球温暖化対策計画[2016年5月閣議決定]の2013年度火力電源平均係数より)
○樹木のCO2吸収量/杉の木のCO2吸収量原単位=13.9kg-CO2/年・本(林業白書平成9年より50年杉直径26cm 樹高22m)
■1次エネルギー換算値
ガス:45MJ/m³、電気:9.76MJ/kWh

閉じる