旅行券10万円分などが当たる!ガスも電気もいっしょにおトク!キャンペーン

会員サイト「マイ大阪ガス」登録キャンペーン実施中!
ご家庭のお客さま > 食・住まい > くらしのヒント図鑑 > 省エネアイデア > バスルームの省エネ

ガス機器を賢く使う

衣類乾燥機のフィルターはこまめにお掃除。
衣類乾燥機は、洗濯衣類の脱水を十分にするとともに、まとめて乾燥させた方がおトクです。また、フィルターが目詰まりすると、運転時間も長くなり電気代が無駄になるので、フィルターの掃除はこまめに。

(当社およびメーカー実測値:衣類4kgを乾燥させた場合)
●目詰まり有り(72分で乾燥)約39.3円
(ガス代約30.9円+電気代約8.4円)
●目詰まり無し(45分で乾燥)約36.1円
(ガス代約30.9円+電気代約5.2円)
矢印
CO2 削減:年間約22.8kg-CO2
(スギの木約1.6本分の植林に相当)
電気を約35kWh/年 節約
*365日として算出
入浴は続けて。
お風呂は沸かしたら後は湯温は下がっていくばかり。沸かした後は続けて入浴しましょう。

(4時間後に元の温度まで追いだきする場合。湯温低下は外気温20℃の場合の当社実測値)
●続けて入浴すると約8.0円おトク。
矢印
CO2 削減:年間約54.1kg-CO2
(スギの木約3.9本分の植林に相当)
ガスを約24m³ /年 節約
*365日として算出
浴そうのフタはマメに。
浴そうにフタをするかしないかでお湯の冷め方に大きな違いがあります。こまめにフタをしてください。

(4時間後に元の温度に追いだきする場合。湯温低下は外気温20℃の場合の当社実測値)
●フタ無し  約25.9円
●フタ有り  約8.0円
矢印
CO2 削減:年間約121.3kg-CO2
(スギの木約8.7本分の植林に相当)
ガスを約53m³ /年 節約
*365日として算出
お風呂とお風呂のフタ
給湯方式がおトク。
水から沸かし上げる方式と給湯(お湯はり)方式を比べると、ガス代でも時間でも給湯方式の方がおトクです。
●沸かし上げ方式  約79.8円
●給湯(お湯はり)方式 約69.8円
矢印
CO2 削減:年間約67.5kg-CO2
(スギの木約4.9本分の植林に相当)
ガスを約29m³ /年 節約
*365日として算出
残り湯はお洗濯に。
お風呂の残り湯は、温かいうちに洗濯に利用すると汚れが落ちやすくなります。残り湯が25℃なら、15℃の水に比べ洗浄指数も20%アップ。さらに、洗剤も溶けやすいので洗剤量も少量ですみます。
●残り湯50リットルを洗濯に使うと約8.3円おトク
矢印
CO2 削減:年間約6.6kg-CO2
(スギの木約0.5本分の植林に相当)
水を約18m³ /年 節約
*365日として算出
シャワーは上手に使って。
シャワーは出しっぱなしにしないようにしましょう。また、夏にサッと汗を流すときや一人だけの入浴なら、シャワーですました方が経済的です。 ※シャワーを18分間使うと浴そう一杯分のお湯になります。
●シャワーを1分短くすると約5.6円おトク
(ガス代約3.9円+水道代約1.7円 )
CO2 削減:年間約27.6kg-CO2
(スギの木約2.0本分の植林に相当)
ガスを約11m³ /年 節約
水を約3.7m³ /年 節約
*365日として算出
シャワーは賢く使い分けて
使わないリモコンはOFFに。
キッチンなどから操作ができる便利なリモコンも使用しないときはOFFにしておきましょう。

(一日に14時間リモコンをOFFにしている場合)
●1日中ON  約5.5円
●使わない時はOFF 約5.0円
矢印
CO2 削減:年間約3.3kg-CO2
(スギの木約0.2本分の植林に相当)
電気を約5kWh/年 節約
*365日として算出
このページのトップへ戻る

大阪ガス ご家庭のお客さま向けホームページ