会員サイト「マイ大阪ガス」登録キャンペーン実施中!
ご家庭のお客さま > 食・住まい > 新築をお考えの方へ > 一戸建て事例集 > 絶景と暮らしを楽しむ住まい 「海 望む家(O邸)」 (兵庫県明石市)

ガスのある暮らし一戸建て事例集

【CASE90】絶景と暮らしを楽しむ住まい 「海 望む家(O邸)」 (兵庫県明石市)

テーマ
  • 省エネ
  • お料理を楽しむ
  • 子育て世代
  • 家事ラク住まい
  • 採光・通風
  • 立地条件

明石海峡を望む高台にある住宅地の一角に建つ「海 望む家」は、その名前の通り、目の前に広がる瀬戸内海の景観を室内にとりこんだ住まい。
大きな開口を設けて、明石海峡大橋の素晴らしい眺めを満喫できる住まいながらも、外部からの視界を配慮した工夫がなされたものとなっています。

外観

所在地/兵庫県明石市
家族構成/ご夫婦+お子さま2人
敷地面積/381.10m2
建築面積/86.89m2
延床面積/135.33m2
構造・規模/木造・地上2階建
設計期間/2013年7月〜2015年2月
施工期間/2015年3月〜2015年10月

見取り図

導入ガス設備・システム

ARCHITECT PROFILE

坂口 弘樹(さかぐち・ひろき)さん

坂口 弘樹(さかぐち・ひろき)さん
1972年兵庫県姫路市生まれ。1995年広島工業大学建築学科卒業。設計事務所などを経て、2001年Studio tanpopo-gumi 設立。
橋本 由理(はしもと・ゆり)さん
1972年岡山県倉敷市生まれ。1995年広島工業大学建築学科卒業。設計事務所などを経て、2001年Studio tanpopo-gumi 設立。

Studio tanpopo-gumi外部サイトリンク

  • リビング・ダイニング
  • キッチン
  • ベランダ・テラスほか

室内のどこにいても海を望む風景が眺められるリビング・ダイニング。

大きな開口のある2階のリビング・ダイニングは、目の前に広がる景色を、どこにいても眺めて暮らすことができる、この住まいの中心となるスペース。開口部分の柱やサッシをできるだけ目立たないものとすることで、リビング・ダイニングとベランダがつながった、一体感のある開放的な空間になっています。

大きな開口をはさんで、ベランダとつながるリビング・ダイニングは、開放的で明るい空間が広がります。
大きな開口をはさんで、ベランダとつながるリビング・ダイニングは、開放的で明るい空間が広がります。

  • リビング・ダイニング
  • キッチン
  • ベランダ・テラスほか

1段高くなったキッチンは室内と街を見おろせる奥さまのための「司令塔」。

奥さまの目の高さを考慮し、床の高さが調整されているキッチンは、室内と外の風景が一望できる空間。家事動線も配慮されており、キッチンからパントリーを通って、洗面などの水まわりスペースやリビング・ダイニングに行き来しやすく、最短距離で移動できるようになっています。

導入ガス設備・システム

キッチン横のパントリーは収納力抜群。食品ストックだけでなく、調理家電を置くことができるように考えられており、キッチン周りにモノを置かなくてもいいようになっています。
キッチン横のパントリーは収納力抜群。食品ストックだけでなく、調理家電を置くことができるように考えられており、キッチン周りにモノを置かなくてもいいようになっています。

  • リビング・ダイニング
  • キッチン
  • ベランダ・テラスほか

半屋内のベランダは四季を通じて楽しく過ごすことができるご家族の憩いのスペース。

リビング・ダイニングとほぼ同じ広さのベランダは、ソファでくつろいだり、バーベキューパーティを開いたりできるゆとりのある空間。ベランダや室内からの眺望を考慮しながら、外部からの視線を遮るため、ベランダの腰壁の高さを施工時に調整。ソファや椅子に座って外を眺めると、道路だけでなく、街並みも壁に隠れて自然の風景だけが目に映ります。

軒が大きくせり出した形状となっているため、ベランダが外部にある、というよりは半屋内の空間といった位置づけに。
軒が大きくせり出した形状となっているため、ベランダが外部にある、というよりは半屋内の空間といった位置づけに。

新築をお考えの方へ

  • 一戸建て事例集
  • マンション事例集
  • 住まいづくりの失敗・成功談
  • 新築一戸建てを探す
  • 新築マンションを探す
新築一戸建てを探す 詳細を見る
このページのトップへ戻る

大阪ガス ご家庭のお客さま向けホームページ