旅行券10万円分などが当たる!ガスも電気もいっしょにおトク!キャンペーン

会員サイト「マイ大阪ガス」登録キャンペーン実施中!
ご家庭のお客さま > 食・住まい > 新築をお考えの方へ > 住まいづくりの失敗・成功談 > 創エネ

関西在住2,700人に聞いた!住まいづくりの失敗・成功談【テーマ編】「創エネ」〜自宅で電気を創る住まい〜

天然ガスや太陽光で電気をつくる「創エネ」。自宅で電気をつくることで、CO2の削減による環境配慮型の住まいが実現します。「エネファーム」または「エコウィル」と「太陽光発電」の『ダブル発電』なら、雨の日や夜間でも発電できて効率的。また、補助金や減税の対象となる場合もあるのでさらにお得です。

失敗談

  • 次世代型エネルギーシステムを導入しておけば、光熱費なんかが恒久的にお得だったかも。太陽光発電パネルを載せやすい屋根形状にしておけばよかった。(戸建住宅:神戸市須磨区在住)
  • 室内の空調関係において、省エネルギー方式を出来るだけ採用した。家を建てるにあたり現在ほど電気供給量不足の問題が切迫しておらず、自家発電設備(ソーラー・ガスエンジンによる発電給湯)までは検討していなかった。(戸建住宅:豊中市在住)
  • 最近太陽光発電を導入。新築した時は考えていなかったので、後で西面の屋根にパネルを載せることになり、発電効率が低くなってしまった。(戸建住宅:枚方市在住)
  • 給湯をガスにしたのですが、自家発電のことを考えて「エネファーム」も設置しておけばよかった。(戸建住宅:柏原市在住)

次世代型エネルギーシステムを導入しておけば、光熱費なんかが恒久的にお得だったかも。太陽光発電パネルを載せやすい屋根形状にしておけばよかった。
次世代型エネルギーシステムを導入しておけば、光熱費なんかが恒久的にお得だったかも。太陽光発電パネルを載せやすい屋根形状にしておけばよかった。

成功談

  • W発電と「ヌック」、「ミストカワック」を導入。光熱費が激減です。(戸建住宅:川西市在住)
  • 太陽光発電を導入したことで節電意識が高まりました。(戸建住宅:加古川市在住)
  • 太陽光発電とガスのW発電でライフラインを2つ確保できたので、とっても安心感があります。(戸建住宅:伊丹市在住)
  • 「エコウィル」と太陽光発電のダブル発電を採用。エコにも十分考慮できていると思います。(戸建住宅:神戸市西区在住)
  • 太陽光発電とガスによる発電で電気代がすごく助かっています。(戸建住宅:川西市在住)

W発電と「ヌック」、「ミストカワック」を導入。光熱費が激減です。
W発電と「ヌック」、「ミストカワック」を導入。光熱費が激減です。

プロが教えるワンポイントアドバイス!

今やエネルギーは我が家で創る時代です。太陽光発電システムは自立運転機能で昼間なら停電時も電気が使えるので、いざという時に心強い味方になります。

エネファームはガスを使って電気を作りながら、その時に生まれた熱でお湯もつくってしまうというムダのないシステム。「エネファーム」と太陽光発電を組み合わせたダブル発電なら自宅で発電をするため、送電ロスもほとんどありません。どちらも補助金制度※が充実している、今話題のエコな設備です。

これらのシステムは、屋根の形や間取りの工夫によって更に効率的に活用できるようになりますので、住まいづくりの計画段階からじっくり検討していきましょう。特に太陽光発電システムは、屋根の上に乗せるパネルの枚数と取り付け方位によって発電量が変わりますので、屋根の形状が重要なポイントとなります。実際にどれくらい発電できて、どれくらいの光熱費がまかなえるのか、事前にシミュレーションをしておきましょう。

PROFILE

尾間 紫(おま ゆかり)

尾間 紫(おま ゆかり)/一級建築士事務所 Office Yuu 代表
(社)日本インテリアデザイナー協会 正会員、一級建築士。インテリアプランナー、インテリアコーディネーター、マンションリフォームマネジャー、住まいのリフォームコンクール優秀賞など。

住まいづくりの失敗・成功談 TOPに戻る

「創エネ〜自宅で電気を作る住まい〜」に関連する一戸建て事例を見る

新築をお考えの方へ

  • 一戸建て事例集
  • マンション事例集
  • 住まいづくりの失敗・成功談
  • 新築一戸建てを探す
  • 新築マンションを探す
このページのトップへ戻る

大阪ガス ご家庭のお客さま向けホームページ