この夏新規お申込みで!電気基本料金3ヶ月0円キャンペーン 期間:7/1~9/30 ※適用条件等の詳細はリンク先をご覧ください

ガスのある暮らし一戸建て事例集

CASE14

古都の暮らしを楽しむ終の棲家「古都の家(Y邸)」(奈良県奈良市)

  • お料理を楽しむ
  • 家事ラク住まい
  • 採光・通風
  • バリアフリーを実現する住まい

奈良の市街地にありながらも、古い街並みが残るY邸。現在はセカンドハウスとして使用されている住まいですが、将来的には、ここでゆっくりと古都の暮らしを楽しむ終の棲家として建てられました。そのため、今後車いすの生活になった時のことも考慮して、1階に水まわりを集約。夏でも涼しく快適に暮らすために風通しも考えられています。

キッチン

キッチン

お料理好きの奥さまがこだわった
ガスコンロのあるキッチン。

お料理が好きだとおっしゃる奥さまがこだわったガスコンロのあるキッチンは、白を基調とした明るい空間。火加減を見ながら料理をする奥さまのお気に入りは機能もシンプルな「+do」。壁面などのお手入れがしやすいようにステンレスパネルを取り付けし、お掃除もらくにできるようになっています。冬場は足下から冷えないようにガス温水床暖房が設置されています。

リビング・ダイニング

リビング・ダイニング

将来に備えたバリアフリー仕様の住まい。

水まわりを集約した1階のメインとなっているリビング・ダイニング。奥の畳敷きのスペースは一段高くなっており、車椅子での生活にも対応できるように工夫されたスペース。車椅子の乗り降りが楽にできるように、腰をかけられる高さに設定されており、寝室としても利用できるように引き戸式の間仕切りが取り付けられています。壁面の作り付けの収納だけでなく、床下にも収納スペースが。リビング・ダイニングのフロアには全面にガス温水床暖房が備えられています。

和室

和室

壁面収納が充実。
琉球畳のある落ち着いた和空間。

現在は週末に訪れる際に寝室として利用されている和室。琉球調の畳が敷かれた空間は落ち着きのある空間。壁面には大容量の収納が設置されており、大きな荷物も片付けておくことができます。

外観
  • 所在地/奈良県奈良市
  • 家族構成/ご夫婦
  • 計画/有限会社ミサオケンチクラボ 三竿創・三竿佐喜子
  • 構造・規模/木造・地上2階建
  • 敷地面積/87.92m2
  • 建築面積/59.45m2
  • 延床面積/102.67m2
  • 設計期間/2006年5月〜2007年7月
  • 施工期間/2007年10月〜2008年4月

導入ガス機器・設備

ARCHITECT PROFILE

三竿創(みさおはじめ)さん〈写真左〉、三竿佐喜子(みさおさきこ)さん〈写真右〉

三竿創(みさおはじめ)さん〈写真左〉

1969年大阪府生まれ。1996年京都工芸大学工芸学部造形工学科建築Ⅰコース卒業。有限会社三竿修一建築研究所を経て、2005年ミサオケンチクラボに合流。2011年有限会社に改組。代表取締役に就任。2011年大阪ガス住宅設計アワード特別賞受賞。

三竿佐喜子(みさおさきこ)さん〈写真右〉

1970年兵庫県生まれ。1991年京都工芸大学工芸学部造形工学科インテリアデザインコース卒業。株式会社松村組、有限会社林英雄建築設計室、株式会社遊を経て、2003年ミサオケンチクラボ設立。

ガスのある暮らし一戸建て事例集
TOPページへ戻る

新築をお考えの方へTOPページへ戻る