ガス契約者限定!「大阪ガスの電気」に新規でお申込みいただくと 飲食店で使えるデジタルギフト5,000円分が当たる!キャンペーン 期間:4/16〜6/30 適用条件など詳細はこちら

ガスのある暮らし一戸建て事例集

CASE27

大阪ガス 住宅設計アワード2011 佳作 大地や空といっしょにいつも近くでつながる「家族の営みの場」「私市の家(I邸)」(大阪府交野市)

  • 創エネ
  • お料理を楽しむ
  • 子育て世代
  • 家事ラク住まい
  • 収納でラクする住まい
  • 採光・通風
  • 立地条件

大阪府北東部の閑静な住宅地にありながら、緑豊かな川沿いに立つ住まいのコンセプトは「大地と空といっしょ」。周辺の景色を借景として楽しむために、南側はガラス面となっていますが、対岸にある建物から中が見えないようフロアに高低差をつけ、外部からの視線を上手く遮断しています。それぞれを尊重しつつ、家族が近くにつながる空間が創造されています。

リビング

リビング

周辺の景色を借景として楽しむ空間。

川に面した南面の景色を室内に取り込むため、リビングの壁面はガラス戸に。対岸に立つ高台の小学校から見下ろされるという立地から、軒を大きくせり出した構造になっています。このため外部からの視線を遮りながら、室内からは四季折々の風景を満喫できる、外と内とのつながりを大切にした空間になっています。フロアや天井には自然素材が使用され、景色と調和したものとなっています。

キッチンリビング

キッチンリビング

一段高くなったキッチン・リビングは、
まるで光あふれる舞台のよう。

外部から視線を遮るために縁側リビングから70cm高くなったキッチンリビングは、家の中心として、家族が憩うパブリックスペースとプライベート空間を結びつけています。上部から差し込む光によって、明るく開放的な空間が創造されています。奥さまはキッチンに立ちながら、ご家族との会話を楽しんだり、景色を眺めたりしながら、時には鳥の声や風の音に心を癒されるといいます。床下は大容量の収納スペースとなっており、機能面も考慮されています。

和室

和室

リビングとは趣が異なる風景が
楽しめる和空間。

縁側リビングの奥にある和室は、座りながら景色を楽しむことができる落ち着いた空間。間仕切りをあければリビングとひとつづきとなるため、室内を見渡すことができますが、間仕切りを閉めると独立したスペースながらも、らんま部分が大きく開いているため、お互いの存在をいつでも感じることができます。時にはお互いのプライベートを尊重しながらも、いつでも近くで家族がつながる「家族の営みの場」である住まいは、こうしたディテールにもこだわっています。

外観
  • 所在地/大阪府
  • 家族構成/夫婦+お子さま2人
  • 計画/間工作舎一級建築士事務所 小笠原絵理
  • 施工/木又工務店
  • 構造・規模/木造2階建
  • 敷地面積/279.16m2
  • 建築面積/96.34m2
  • 延床面積/115.08m2
  • 設計期間/2008年8月〜2009年12月
  • 施工期間/2009年12月〜2010年4月

導入ガス機器・設備

ARCHITECT PROFILE

小笠原絵理(おがさわらえり)さん

小笠原絵理(おがさわらえり)さん

1985年奈良女子大学卒業。1992年一級建築士事務所間工作舎設立。2007年日本建築士会連合会優秀賞ほか数々の賞を受賞。

新築をお考えの方へTOPページへ戻る