ガス契約者限定!「大阪ガスの電気」に新規でお申込みいただくと 飲食店で使えるデジタルギフト5,000円分が当たる!キャンペーン 期間:4/16〜6/30 適用条件など詳細はこちら

ガスのある暮らし一戸建て事例集

CASE37

「遊び心」をプラスしたユニークな住まい 「Rabbit House(U邸)」(京都府宇治市)

  • 創エネ
  • 省エネ
  • 収納でラクする住まい
  • 採光・通風

母屋棟と書庫棟、そして離れ棟の3棟からなる「Rabbit House」は、外観がうさぎの耳のように見えることからその名前がつけられました。大学で国語科教育の教授をされているUさまの職業柄、膨大な量の書籍をいかに収納するかを課題に取り組んだ住まい。

階段・廊下

階段・廊下

膨大な量の書籍や資料を
収めるという課題をクリアした住まい。

玄関エントランスにもなっている3棟の真ん中に配置された書庫棟は、その壁面と床下がすべて書籍や資料などを収納するスペース。玄関から母屋棟のリビング・ダイニング、そして離れ棟への廊下には、天井までの書棚が取付けられており、その膨大な書籍には圧倒されるほど。住まいを建てられる際の一番の課題であったこの書籍の収納をメインに、何度もプランを再構築していったといいます。床下部分がすべて収納になっており、書棚に入りきらなかった本や資料が収められています。

リビング・ダイニング

子ども部屋

ガラス越しに家族を感じるリビング・ダイニングは、風と光があふれるスペース。

「いつも本が見え、手にとれる住まい」をご要望されていたUさまと「できれば本を見ずに生活できる住まい」を望まれていた奥さまの希望を実現したこの住まいは、明るく風通しのよいリビング・ダイニングからベランダを通して、離れ棟の書斎を見ることができるので離れた場所にいても家族のつながりを感じられると奥さまはおっしゃいます。リビング・ダイニングの横にレイアウトされた黒の壁面の中は、キッチンスペース。夏には風が通り、冬はガス温水床暖房の温もりでとても快適な空間になっています。

浴室

浴室

母屋棟の1階にある浴室は、白で統一された清潔感あふれるスペース。天井には、ガス温水浴室暖房乾燥機が装備されていて、いつも浴室内を清潔に保ってくれます。雨の多い梅雨の季節や花粉などが気になるシーズンには、洗濯ものの乾燥にも役立ってくれます。

外観
  • 所在地/京都府宇治市
  • 家族構成/夫婦
  • 敷地面積/178.19m2
  • 建築面積/72.42m2
  • 延床面積/120.01m2
  • 構造・規模/木造・地上2階建
  • 設計期間/2010年1月〜2010年10月
  • 施工期間/2010年10月〜2011年3月

導入ガス機器・設備

ARCHITECT PROFILE

向井昭人(むかいあきひと)さん〈写真左〉、向井幸枝(むかいゆきえ)さん〈写真右〉

向井昭人(むかいあきひと)さん〈写真左〉

1970年広島県生まれ。熊本大学工学部卒業。設計事務所勤務を経て2003年モノスタ’70設立。

向井幸枝(むかいゆきえ)さん〈写真右〉

1970年岡山県生まれ。熊本大学工学部卒業。ハウスメーカー、設計事務所勤務を経て2003年モノスタ’70設立。

新築をお考えの方へTOPページへ戻る