ガス契約者限定!「大阪ガスの電気」に新規でお申込みいただくと 飲食店で使えるデジタルギフト5,000円分が当たる!キャンペーン 期間:4/16〜6/30 適用条件など詳細はこちら

ガスのある暮らし一戸建て事例集

CASE42

旧家の遺産を活用した、“凛とした佇まい”のモダン和風テイストの二世帯住宅「帝塚山の二世帯住宅(K邸)」(大阪府)

  • 創エネ
  • 省エネ
  • 収納でラクする住まい

関西有数の高級住宅地・帝塚山。その閑静な一角に建つ「K邸」は、築50年以上の旧家を建て替えた二世帯住宅。施主さまの“凜とした佇まい”に相応しい、「敷居を跨ぐと背筋が伸びるような端正な家造り」を目指されたという、旧家の持っていた和の良さを継承しながらも今風のモダンさも随所に取り入れた、モダン和風テイストの住まいになっています。

リビング・ダイニング

リビング・ダイニング

旧家から受け継がれた
レリーフが壁面を彩る、
開放的なリビング・ダイニング

親世帯のメインルームとなるこのリビングは、ナチュラルカラーをメインとした落ち着いた空間となっており、ダイニングテーブル横壁面には、旧宅にあった、奥さまにとって思い出深いレリーフが飾られています。また廊下から通じる扉には、施主さまのお母さまが生前愛用されていた着物や帯がアクセントとして使われ、和風の飾り扉のような趣を演出しています。なお、このリビング・ダイニングとキッチンには、ガス温水床暖房が設置されています。

寝室

寝室

子世帯のスペースは、
シンプルかつ機能的な空間。

2階の子世帯のスペースは、シンプルで機能的な洋モダンの空間。お二人の寝室は、シンプルながらも壁面のタイルによって表情豊かな空間となっています。このタイルはお二人がとても気に入っているものだそう。

和室

和室

施主さまの“和”への想いが
詰まった、旧宅の素材を
床の間に用いた和空間。

旧宅を見た飯田さんが「これは残さなければ」と思った旧宅の立派な仏間は、その大きな仏壇や床の間の竹材とともに、新宅の和室へと引き継がれました。リビング・ダイニングは全面フローリングにした施主さまも、やはり畳の上が一番落ち着くといいます。材質にこだわった土壁風の壁面に囲まれた和みの空間は、施主さまご夫婦の癒やしのスペースになっています。

外観
  • 所在地/大阪府
  • 家族構成/(親世帯)夫婦+(子世帯)娘夫婦の2世帯
  • 計画/株式会社IMOデザイン
  • 構造・規模/木造・地上2階
  • 建築面積/262.93m2
  • 延床面積/196.17m2
  • 設計期間/2011年4月〜2012年3月
  • 施工期間/2012年5月〜2012年10月

導入ガス機器・設備

ARCHITECT PROFILE

飯田 英二(いいだえいじ)さん

飯田 英二(いいだえいじ)さん

1966年高知県高知市生まれ、1988年神戸大学建築学科(意匠系、建築史専攻) 卒業、設計事務所勤務を経て、2002年IMO DESIGN 設立、2010年より株式会社IMOデザイン代表取締役、1級 建築士、インテリアプランナー、1級建築施工管理技士

新築をお考えの方へTOPページへ戻る