この夏新規お申込みで!電気基本料金3ヶ月0円キャンペーン 期間:7/1~9/30 ※適用条件等の詳細はリンク先をご覧ください

ガスのある暮らし一戸建て事例集

CASE50

上下階を和と洋で分けた、和モダンな二世帯住宅 「趣味にあふれたこだわりの邸宅(T邸)」(京都府向日市)

  • 省エネ
  • 採光・通風

施主であるTさまご夫妻と奥様の妹さまが暮らす二世帯住宅であるT邸は、白を基調としたシンプルな外観。通りからつながる長いアプローチの先に建つ2階建ての家は、1階が和風モダン、2階が洋風スタイルとなっていて、それぞれの趣味を活かしたこだわりが、家の随所に現れています。エントランスでもある土間スペースは、トンボ玉の製作などをご趣味とする奥さまの陶房も併設。
Tさまのご趣味である茶道を愉しむための和室なども、素材にもこだわった自由な空間が広がります。

玄関・エントランス

玄関・エントランス

囲炉裏と暖炉、
そしてアトリエのある土間スペース

タイル敷きの土間スペースは、奥さまがトンボ玉細工の工房を開かれており、生徒さんたちが集まることも多く、ご家族だけではなく、皆さまの憩いのスペースになっています。玄関脇には、長野から取り寄せたという暖炉も設置されています。一角には、Tさまが是非に、とご要望された囲炉裏が置かれています。漆仕上げの柱や、珪藻土を使った壁など素材も吟味された、こだわりの空間が広がります。

リビング・ダイニング

リビング・ダイニング

白を基調とした、
2階にある洋風のリビング・ダイニング

洋風テイストの2階は、妹さまの居住スペース。ロフトやシーリングファンを備えた、明るく開放的な空間で、明るい陽光と心地よい風が吹き込みます。可動式の間仕切りのあるスタディスペースは、来客時にはゲストルームとしても使用されているとのこと。リビングやキッチン、そして洗面所の床には、ガス温水床暖房が設置されており、とても快適に過ごされています。Tさまの奥さまも「すごく心地よくて、1階の土間にも入れておくべきだった」とおっしゃるほど。

和室

和室

茶室を兼ねた、
ご主人がこだわり抜いた和室。

1階の奥にある和室は、茶道を嗜むご主人のご要望をかなえた空間。柿渋染の和紙が用いられており襖紙や、坪庭を眺めることのできる雪見障子に、贅沢な和の風情を感じることができます。用いられる素材を吟味しながらも、照明も間接照明を用いるなど、シンプルでムダのない空間設計は、「わびさび」を体現した和の心が見受けられます。

外観
  • 所在地/京都府向日市
  • 家族構成/夫婦+奥さまの妹さま
  • 敷地面積/214.05m2
  • 建築面積/106.67m2
  • 延床面積/170.71m2
  • 設計期間/2008年1月〜2008年10月
  • 施工期間/2008年10月〜2009年4月

導入ガス機器・設備

ARCHITECT PROFILE

野原義久(のはらよしひさ)さん

野原義久(のはらよしひさ)さん

有限会社BOFアーキテクツ代表取締役所長。1963年大阪市生まれ。1986年関西大学工学部建築科卒業。1986年建築設計事務所 点デザインシステム勤務。2000年一級建築士事務所 ボクソン フィールド アーキテクツ設立。2003年有限会社BOFアーキテクツに法人化。

新築をお考えの方へTOPページへ戻る