ガス契約者限定!「大阪ガスの電気」に新規でお申込みいただくと 飲食店で使えるデジタルギフト5,000円分が当たる!キャンペーン 期間:4/16〜6/30 適用条件など詳細はこちら

ガスのある暮らし一戸建て事例集

CASE64

空間の抜けと採光に工夫がなされた滝庭のある白亜の豪邸 「3階滝庭のある家(F邸)」(兵庫県神戸市)

  • 創エネ
  • 省エネ
  • 子育て世代
  • 収納でラクする住まい
  • 採光・通風

青空によく映える白い建物。文字通り「白亜の豪邸」と言える「3階滝庭のある家」は、元は広大な倉庫の跡地に建てられた住まい。1・2階は開放的で明るい洋風、3階は落ち着いた和風となっており、名前の由来である滝庭は、3階のホール外部に設置されています。

リビング・ダイニング

リビング・ダイニング

ホテルのロビーのような、
広々としたリビング。

吹抜けとなった開放的で明るい大空間が広がるリビングは、3つの素材の異なる白色を基調としながら、壁面の一部に濃いブラウン色のタイルをアクセントとして用いることで、白で統一された空間がぼやけずに締まった印象をもたらしています。また、陰鬱になりがちな大きなコンクリート造の建物ながら、上階からもたらされる光や開口の位置や大きさなどを工夫することで、明るい室内空間を実現しています。

キッチン

キッチン

床暖房で足もとからあたたかいキッチン。

白で統一された清潔感あふれるダイニング・キッチン。キッチンカウンターが煩雑にならないように、壁面一面に収納が造り付けられています。油などで汚れやすいキッチン収納の扉部分は、ほかのスペースの建具や扉も同様にピアノ塗装が施されています。またキッチンの足もとは冬場でも暖かく家事ができるようにガス温水床暖房が設置されています。

階段・廊下

階段・廊下

水の流れに癒される、
滝庭のある和モダンな空間。

この住まいの名前の由来となった滝庭を眺めることのできる3階のホールは、和風モダンな落ち着いた空間。滝庭にあるウォーターウォールは、日中に眺めても、美しい水の波紋を楽しむことができますが、夜になると下からのライティングでさらに幻想的な風景を楽しめるのだそう。

外観
  • 所在地/兵庫県神戸市
  • 家族構成/夫婦+子ども3人
  • 敷地面積/370.59m2
  • 建築面積/173.20m2
  • 延床面積/394.90m2
  • 構造・規模/鉄筋コンクリート造3階
  • 設計期間/2013年3月〜2013年8月
  • 施工期間/2013年8月〜2014年4月

導入ガス機器・設備

ARCHITECT PROFILE

岡田 俊彦(おかだ としひこ)さん

岡田 俊彦(おかだ としひこ)さん

1960年兵庫県明石市生まれ。1983年神戸大学工学部環境計画学科卒業。株式会社梓設計にて意匠設計チーフとして勤務後、2004年スペースプロ一級建築士事務所開設。一級建築士、福祉住環境コーディネーター。

新築をお考えの方へTOPページへ戻る