ガス契約者限定!「大阪ガスの電気」に新規でお申込みいただくと 飲食店で使えるデジタルギフト5,000円分が当たる!キャンペーン 期間:4/16〜6/30 適用条件など詳細はこちら

ガスのある暮らし一戸建て事例集

CASE71

お子さまをのびのび育てる夢が広がる住まいづくり「N邸」(神戸市垂水区)

  • 子育て世代
  • 収納でラクする住まい
  • 採光・通風

白い外観に、グリーンの瓦屋根がアクセントになっているN邸。休日には、少年野球コーチをされるなど、活動的なNさまのからのご要望は、お子さまがのびのび育つことのできる空間であること、そして野球道具やスノーボードなどを収めるスペースをはじめ、できるだけ多くの収納を設ける、というものでした。
吹抜けのあるリビング・ダイニングは、明るく開放的な空間となっていて、間仕切を収納するとリビングとひと続きになる和室までが、大きな一つの空間となっています。

玄関・エントランス

玄関・エントランス

大容量のシューズクロークのある
エントランス

Nさまのご要望であった数多くの収納スペースの中でも、収納容量が大きく、使用頻度の高いのが、玄関にあるオープンタイプのシューズクローク。靴だけでなく、Nさまやお子さまの野球道具やスノーボード、ガーデニングの道具など、屋外で使用する大きなモノから普段出し入れすることの多い道具類も収納できるようになっています。玄関には、このシューズクロークのほかにも収納が設けられています。

リビング・ダイニング

リビング・ダイニング

吹抜けのあるワンフロアの大空間

吹抜けのあるリビング・ダイニングは、明るく開放的な空間。2階は吹抜けを囲う回廊になっていて、吹抜けを通じて、ご家族の気配がいつも感じられるようになっています。リビングから続くアウターリビングは、現在計画中とのことで、「夏に、庭でバーベキューができればいいかな、と話しています」と、奥さま。ご家族の笑顔があふれる、のびやかな空間が広がります。

書斎・ホビールーム

書斎・ホビールーム

お子さまと向かい合えるスタディスペース。

キッチンカウンター横には、キッチン側に奥さま、リビング側にお子さま、というようにいつでもお子さまの質問に答えられるような、向かい合って活用できる対面式のスタディスペースが設けられています。キッチンからもここで勉強するお子さまの様子を見ることができるので、家事でお子さまの目の前にいない時も正面にすぐに移動できるので、いつでも向き合って答えることができます。

外観
  • 所在地/神戸市垂水区
  • 家族構成/ご夫婦+子ども2人
  • 敷地面積/216.75m2
  • 建築面積/91.91m2
  • 延床面積/143.33m2
  • 構造・規模/木造・2階建
  • 設計期間/2014年2月〜2014年9月
  • 施工期間/2014年11月〜2015年3月

導入ガス機器・設備

ARCHITECT PROFILE

岡田佑一郎(おかだ ゆういちろう)さん(写真右)岡田春美(おかだ はるみ)さん(写真左)

岡田佑一郎(おかだ ゆういちろう)さん(写真右)
岡田春美(おかだ はるみ)さん(写真左)

岡田佑一郎/1944年兵庫県生まれ。1967年関西学院大学社会学部卒業。株式会社武内建築事務所入社。1969年大阪工業技術専門学校建築部卒業。大成建設株式会社大阪支店設計部を経て、1979年岡田佑一郎一級建築士事務所開設。

新築をお考えの方へTOPページへ戻る