この夏新規お申込みで!電気基本料金3ヶ月0円キャンペーン 期間:7/1~9/30 ※適用条件等の詳細はリンク先をご覧ください

ガスのある暮らし一戸建て事例集

CASE74

家族のつながりと思いやりを育む住まい 「坂の上の家」(兵庫県川西市)

  • 創エネ
  • 省エネ
  • 子育て世代
  • バリアフリーを実現する住まい
  • 立地条件

「坂の上の家」は、その名の通り、丘陵地にある住宅街の坂の上に建つ住まい。「住み慣れた街で暮らしたい」と、もとある住まいを二世帯住宅として立て替えたものです。

リビング・ダイニング(子世帯)

リビング・ダイニング(子世帯)

急斜面に建つ立地を活かし、
開放感あふれる空間に

1階は子世帯が暮らすスペースとなっており、傾斜地である敷地の特性を活かして、スキップフロアの空間に。みんなが集まるリビングは、見晴らしのよい開放感あふれる一段下がったラウンジピットとなっており、その両サイドに子ども部屋とご夫婦の寝室を配置。リビングを中心に、オープンな空間とすることで、この住まいのコンセプトである「家族のコミュニケーションが密になる」住まいになるようにプランニングがなされています。

リビング・ダイニング(親世帯)

リビング・ダイニング(親世帯)

見晴らしがよく、心地よく落ち着ける空間

親世帯が暮らす2階のリビングからは、見晴らしの良い風景を望むことができます。このリビング・ダイニングを中心として、ご両親それぞれの個別の空間や和室などが、段差なくつながっています。

子ども部屋

子ども部屋

お子さまの成長にあわせ、
間仕切を設けて分けることのできる
可変性のあるスペース

まだ小さな2人のお子さまのための専用スペースは、将来的には2部屋に分けることができるようになった大空間が広がります。今は一つの空間となっていますが、2部屋に分けることができるようになっているだけでなく、それぞれにロフトを造ることができるように、窓やコンセントが梁の上部の壁面に設けられています。

外観
  • 所在地/兵庫県川西市
  • 家族構成/ご夫婦+子ども2人+ご両親
  • 敷地面積/226.67m2
  • 建築面積/102.68m2
  • 延床面積/196.63m2
  • 構造・規模/木造・2階建
  • 設計期間/2013年4月〜2014年4月
  • 施工期間/2014年4月〜2014年11月

導入ガス設備・システム

ARCHITECT PROFILE

武内 要三(たけうち ようぞう)さん

武内 要三(たけうち ようぞう)さん

1949年大阪市生まれ、近畿大学理工学部建築学科卒業後、(有)豊建社岡本設計事務所に勤務。1977年、武内建築設計事務所を設立。1997年、群馬県在住の民藝家に師事し民藝思想を学ぶ。学生時代に築300年の民家に出会いその魅力に感動。全国の民家を訪ね歩き「人と風土」そして伝統の大切さを体感した経験を生かし、「暮らしを楽しむ人と木」をテ−マに木造住宅の設計に取り組む。

■武内建築設計事務所
住所:大阪市天王寺区石ケ辻町3-12明和ビル4F
電話:06-6773-5736
FAX:06-6773-5772

新築をお考えの方へTOPページへ戻る