ガス契約者限定!「大阪ガスの電気」に新規でお申込みいただくと 飲食店で使えるデジタルギフト5,000円分が当たる!キャンペーン 期間:4/16〜6/30 適用条件など詳細はこちら

ガスのある暮らし一戸建て事例集

CASE81

隣地に囲まれた閉じつつも外へ開く住まい 「平野の家(T邸)」(大阪市平野区)

  • 創エネ
  • 省エネ
  • 家事ラク住まい
  • 収納でラクする住まい
  • 採光・通風
  • 立地条件

大阪市内の密集した住宅地の一角にある「平野の家」は、以前にお住まいだった3階建ての建物を建て替えたもの。L型の敷地の周囲6面のうち5面が隣地に囲まれ、最も間口の狭い1面のみが道路に面しているという立地に建つ住まいです。

リビング・ダイニング

リビング・ダイニング

建物の周囲を囲まれた、
変形地という立地条件を有効活用

隣接する建物に囲まれ、以前は朝から照明が必要だったため、「とにかく明るいリビングが望みでした」とおっしゃる奥さま。唯一開いている道路面に大きな間口を設けると同時に、2階・3階の道路面の壁をルーバーにして、その内側に、『外』と『内』の緩衝帯となる中庭を配置。外部からの視線を遮断しながらも、この中庭を通じて、室内に光と風がもたらされ、白で統一された室内に光が反射し、明るく開放的な空間が創り出されています。

玄関

玄関

限られたスペースを有効活用し、
大容量の収納スペースを確保。

玄関脇に設けられたシューズクロークは、靴だけでなく大きなモノも収めることのできる容量の収納スペース。ホールを通らずに玄関から行き来できるファミリー玄関にもなっています。

エントランス

エントランス

可動式の間仕切で、独立した空間に。

1階の玄関ホールは、訪れるお客さまに対応するためのスペース。可動式の間仕切を用いて、仕事の打ち合わせなどの際には、ご家族に気兼ねすることなく会話ができる、独立した空間として活用できるようになっています。

外観
  • 所在地/大阪市平野区
  • 家族構成/ご夫婦+お子さま2人
  • 敷地面積/106.93m2
  • 建築面積/69.74m2
  • 延床面積/157.64m2
  • 構造・規模/木造3階建
  • 設計期間/2011年10月〜2013年8月
  • 施工期間/2013年10月〜2014年5月

導入ガス設備・システム

ARCHITECT PROFILE

鷹取 久(たかとり ひさし)さん

鷹取 久(たかとり ひさし)さん

1969年大阪府生まれ。1994年摂南大学工学部建築学科卒業。1994年株式会社インターナショナル プランニング インスティテュート(I.P.I)入社。2000年鷹取久アーキテクトオフィス 設立。2001年摂南大学工学部建築学科 非常勤講師。

新築をお考えの方へTOPページへ戻る