会員サイト「マイ大阪ガス」登録キャンペーン実施中!
ご家庭のお客さま > ガ ス > 原料費調整制度

原料費調整制度

原料費調整制度とは

都市ガスの原料価格の変動を単位料金に反映する制度です。

このページの先頭へ

原料価格を単位料金へ反映させる時期

3ヶ月の平均原料価格を基に算定した調整単位料金は、
それぞれ算定期間の最終月から3ヶ月後の検針分に適用されます。

原料価格を単位料金へ反映させる時期

このページの先頭へ

原料価格を単位料金へ反映させるしくみ

毎月の単位料金は、下記①〜④の手順で算定しています。

まず、貿易統計を基に、LNG(液化天然ガス)およびLPG(液化石油ガス)の3ヶ月間の
平均価格を確認し、それを下記の式に当てはめて「平均原料価格」を算定します。

最新のLNG、LPGの平均価格、およびLPGの平均価格×LPG構成比率にLNG換算係数を加味したもの

LNGの平均価格×LNGの構成比率+LPGの平均価格×LPG構成比率にLNG換算係数を加味したもの=平均原料価格

※LNG、LPGの平均価格は貿易統計の数量及び価額から算定したトン当たりの価格となります。
※平均原料価格は10円未満を四捨五入します。

※平均原料価格が136,080円以上となった場合は、136,080円を平均原料価格とします。
(ただし、GAS得プラン もっと割料金、あきない割料金は除きます。)

平均原料価格と、基準となる「基準平均原料価格」の差を求めます。
その差を「原料価格変動額」と呼びます。

●平均原料価格が基準平均原料価格以上の場合

平均原料価格基準平均原料価格=原料価格変動額

●平均原料価格が基準平均原料価格未満の場合

基準平均原料価格-平均原料価格=原料価格変動額

※原料価格変動額は、100円未満を切り捨てます。

原料価格変動額を下記の式に当てはめ、「従量料金基準単価調整額」を算定します。
(原料価格変動額100円ごとに、単位料金を0.081円の割合で増減させます)

原料価格変動額×0.081/100×(1+消費税率)=従量料金単価調整額

基準となる「基準単位料金」に、「従量料金単価調整額」を加算または減算し、
適用する単位料金を算定します。

●(2)で平均原料価格が基準平均原料価格以上の場合

基準単位料金+従量料金単価調整額=実際に適用される単位料金(調整単位料金)

●(2)で平均原料価格が基準平均原料価格未満の場合

基準単位料金-従量料金単価調整額=実際に適用される単位料金(調整単位料金)

※調整単位料金は、小数点第3位以下を切り捨てます。

このページの先頭へ

適用される単位料金のご確認

調整の結果、実際に適用される単位料金の金額は、「ご使用量のお知らせ(検針票)」でご確認いただけます。

ご使用量のお知らせ(検針票)の見方についてはこちら

料金表

一般料金の当月と翌月の単位料金は下記「最新の料金表」にてご覧いただけます。

【ご利用可能時間帯】
 平日(月曜から土曜)7:30〜24:00
 休日(日曜、祝日) 7:30〜22:00

このページのトップへ戻る

大阪ガス ご家庭のお客さま向けホームページ