会員サイト「マイ大阪ガス」登録キャンペーン実施中!
ご家庭のお客さま > お客さまサポート > ガス機器のお手入れメニュー

ガス機器を賢く使う

ガス高速オーブンのお手入れ

ガスオーブンが冷めてからお手入れしましょう

オーブン皿、電子レンジ皿、網

使った後は、台所用中性洗剤を溶かした水につけ、スポンジなどで洗います。

使った後は、台所用中性洗剤を溶かした水につけ、スポンジなどで洗います。

注意

熱いままで冷たい水につけると変形することがあります。

オーブン庫内

油の付着が多く、ベトベトした感じになった時は、高速オーブンで(250℃で30分〜40分間)から焼きします。
1.セルフクリーニング面

油の付着が多く、ベトベトした感じになった時は、高速オーブンで(250℃で30分〜40分間)から焼きします。炭化した油カスを拭き取る時は、から拭きをします。

よく絞った布やキッチンペーパーで拭き取り、汚れがひどい時は台所用中性洗剤を浸した布で拭き、水拭きします。
2.セルフクリーニング面以外

よく絞った布やキッチンペーパーで拭き取り、汚れがひどい時は台所用中性洗剤を浸した布で拭き、水拭きします。

注意
  • オーブン庫内は、洗剤やみがき粉で洗ったり、金属たわしなど固いものでこすらないでください。錆や損傷の原因となります。
  • 強く拭くと塗料の表面が剥がれ布巾などが黒くなることがありますが、性能には問題ございません。
すき間についた汚れなどはおはしの先などに布を巻いて拭き取ります。
3.オーブン庫内底面

金属回転台をはずしてから、布で拭き取ります。すき間についた汚れなどはおはしの先などに布を巻いて拭き取ります。

外面、操作パネル、ガラス扉外側、ガラス扉内側

よく絞った布やキッチンペーパーで拭き取り、汚れがひどい時は台所用中性洗剤を浸した布で拭き、水拭きします。

よく絞った布やキッチンペーパーで拭き取り、汚れがひどい時は台所用中性洗剤を浸した布で拭き、水拭きします。

お手入れの際に気をつけましょう。

Check1 ガス栓を閉めてからお手入れを。

お手入れを始める前には必ずガス栓を閉め、本体が冷えていることを確かめましょう。

Check2 電源プラグを抜いてからお手入れを。

必ず乾いた手で電源プラグをコンセントから抜きましょう。ぬれた手で抜き差しすると、感電やけがをすることがあります。

Check3 手袋をつけて安全にお手入れを。

細かい箇所や見えにくいところなどのお手入れには、安全のために手袋を使いましょう。

Check4 用途に合わせた洗剤でお手入れを。

用途に合わせた洗剤を使いましょう。
アルコール、ベンジン、シンナー、みがき粉などは、ガス器具の変質、変形、傷の原因になりますので、絶対に使わないでください。

詳しいお手入れ方法は必ず機器の取扱説明書をお読みください。
このページのトップへ戻る

大阪ガス ご家庭のお客さま向けホームページ