抽選で500名さまに最新の省エネ家電など豪華賞品が当たる! みんなでいっしょに省エネ!キャンペーン 実施中!

会員サイト「マイ大阪ガス」登録キャンペーン実施中!
ご家庭のお客さま > お客さまサポート > ガス機器のお手入れメニュー

ガス機器を賢く使う

ガス炊飯器のお手入れ

ガス炊飯器が冷めてからお手入れしましょう

外枠・外ぶた・つゆ受け枠

よく絞った布で拭きます。汚れのひどい時は、台所用中性洗剤を浸した布で汚れを落とした後、洗剤分を十分拭きとり、仕上げにから拭きをします。

炊飯がま

使った後は取りはずして、スポンジ等で洗いましょう。

食器や刃物を入れないでください。
フッ素樹脂加工を長持ちさせるには・・・
  • 研磨効果の高い洗剤や金属たわし・ナイロンたわしで洗わないでください。
  • 食器や刃物を入れないでください。
  • 炊き込みご飯などで調味料を使った後は保温せず早めに洗ってください。
  • お酢は使わないでください。
  • フッ素樹脂がはがれやすくなるので漂白剤は使わないでください。
  • 台所用中性洗剤以外の洗剤は使わないでください。

バーナー・センサー部

やわらかい布で汚れをふき取ります。

感熱部・バーナー
やわらかい布で汚れをふき取ります。

注意

バーナーの炎口が目づまりしていたら、針金などで汚れを取り除いてください。
感熱部の汚れがこびりついて取れないときは、金属たわしで表面に傷がつかない程度に軽くこすり取ってください。

歯ブラシなどで取り除きます。

点火プラグ・立消え安全装置
歯ブラシなどで取り除きます。

注意

点火プラグの先端はとがっていますので、けがなどに注意してください。

イヤな臭いを消すには・・・

炊飯がまに計量カップ1〜2杯の水を入れ、通常炊飯するように自動消火するまで煮沸します。その後、炊飯がま・内ぶたを水洗いしてください。

注意

消火直後は高温のため取扱いに注意してください。

内ぶた

使った後は取りはずして、スポンジや布などやわらかいもので洗いましょう。

釜底

釜底の中央部が汚れているとうまく炊けないことがあります。

感熱部に熱が伝わりにくくなるので、ごはん粒が釜底についていないか、
こまめにお手入れしましょう。

炊飯がまをセットする前に必ず次のことを確認しましょう。

炊飯器内にかま以外のものがあると異常燃焼や火災の原因になります。

Check1 炊飯がまの底にシンクの排水口キャップやタッパーの蓋などがくっついていませんか? 釜底に何もくっついていませんか?
Check2 炊飯器の中にしゃもじなどが入っていませんか?中に何も入っていませんか?

お手入れの際に気をつけましょう。

Check1 ガス栓を閉めてからお手入れを。

お手入れを始める前には必ずガス栓を閉め、本体が冷えていることを確かめましょう。

Check2 電源プラグを抜いてからお手入れを。

必ず乾いた手で電源プラグをコンセントから抜きましょう。ぬれた手で抜き差しすると、感電やけがをすることがあります。

Check3 手袋をつけて安全にお手入れを。

細かい箇所や見えにくいところなどのお手入れには、安全のために手袋を使いましょう。

Check4 台所用中性洗剤でお手入れを。 アルコール、ベンジン、シンナー、みがき粉など

台所用中性洗剤を使いましょう。
アルコール、ベンジン、シンナー、みがき粉などは、ガス器具の変質、変形、傷の原因になりますので、絶対に使わないでください。

詳しいお手入れ方法は必ず機器の取扱説明書をお読みください。
このページのトップへ戻る

大阪ガス ご家庭のお客さま向けホームページ