会員サイト「マイ大阪ガス」登録キャンペーン実施中!
ご家庭のお客さま > 商品・サービス > ガス温水浴室暖房乾燥機 > 主な特長・機能 > 浴室暖房

浴室暖房

浴室の寒暖の温度差は健康の大敵!気を付けていますか?

冬場の入浴にともなう温度変化は不快なだけでなく、お年寄りには大敵。一番風呂のゾクゾク冷えは、入るのさえおっくうになります。
冬場の入浴にともなう温度変化は不快なだけでなく、お年寄りには大敵。
浴室暖房で解決! 入浴時の温度差を解消。ゾクッとして寒い一番風呂も暖房すれば大丈夫。冬場の入浴にともなう温度変化は、不快なだけではなくお年寄りには大敵です。温度差を解消するので、家族揃って快適なバスタイムを楽しめます。※予備暖房として入浴前からのご使用をおすすめします。

入浴時の温度差を解消するのはなぜ?

入浴時の温度差を解消するのはなぜ?

急激な温度変化が体に及ぼす衝撃(ヒートショック)により、血管の収縮で血圧が急変動したり、脈拍が速くなったりし、深刻な事故につながるケースが多くあるためです。

ヒートショックとは

■入浴事故の月別救急搬送人数(2008年)

日本温泉気候物理医学会と日本救急医学会の共同調査で、入浴中の体調急変で救急搬送された人の半数が、11〜2月に集中していることが分かりました。

冬の寒い時期に入浴事故が増加!

出典:日本救急医学会・日本温泉気候物理医学会の共同調査より
(全国38ヵ所の救命救急センターにアンケート)

■浴室暖房の有無による血圧値の変化

脱衣室で脱衣する前の血圧値を1としたときの収縮期(最高)血圧の変化の割合を示しています。

カワックの浴室暖房実験では、血圧上昇がほとんど見られませんでした。

※当社実測値
(条件)●外気温 5℃ ●脱衣室温度 20℃ ●浴室内温度 カワック運転時 約30℃ カワック非運転時 約11℃

パワフルなガスなら、浴室が約5分以内で25℃に!

高齢者に配慮した冬期浴室温度は約25℃以上とされています。電気ヒーター式だと立ち上がりも遅く、25℃まで達しませんが、ガス温水式なら約5分以内で約25℃まで上昇させることができます。

※高齢者生活熱環境研究会の高齢者に配慮した冬期浴室温度の基準値(1991年改定)

■浴室暖房の温度上昇(洗い場平均温度)

パワフルなガスなら浴室が約5分以内で25℃に!

※当社実測値
ガス温水式:161-C101型の場合
電気式:天井カセット型100Vタイプの場合
(条件)●外気温 5℃ ●浴室:ユニットバス 1616サイズ

※浴室によっては天井の高さや窓などが大きすぎて暖まらない場合があります。また、浴室のめやすサイズより広い浴室やめやすサイズ以内の浴室でも暖房負荷の高い(屋外と面している外壁が三面ある場合や大きな窓(1m2以上)がある場合など)浴室には取り付けないでください。(浴室のめやすは商品によって異なります。)

浴室暖房機能搭載の機器を見る

このページのトップへ戻る

大阪ガス ご家庭のお客さま向けホームページ