大阪ガスの電気 新規ご契約で基本料金半年半額! ご愛顧感謝キャンペーン

会員サイト「マイ大阪ガス」登録キャンペーン実施中!
ご家庭のお客さま > お客さまサポート > 安心してガスをお使いいただくために > 給湯器の凍結について

ガス機器のご使用にあたって

給湯器の凍結について

寒い夜には、ガス給湯器本体と配管の凍結に注意

ガス給湯器には凍結防止機能(凍結予防ヒーターや凍結防止運転機能)が搭載されており、給湯器内部は凍結しにくくなっております。ただし、ガス給湯器の給水・給湯・追いだきふろ配管が屋外に露出していると、配管が凍結してしまう場合があります。ご参考として、ガス給湯器の給水・給湯・追いだきふろ配管等の凍結予防方法と対処方法をお知らせします。

凍結防止機能について

・外気温が一定以下になると、ガス給湯器内部の凍結を防止するために自動で作動します。故障ではありませんので、ご安心ください。

・凍結防止運転が作動している場合、リモコンに以下のようなマークが表示されます。

※ マークは商品により異なります。詳細は取扱説明書をご確認ください。

・追いだき機能付きふろがまのふろ配管を凍結予防するためには、浴槽の水を循環アダプター上部より5cm以上ある状態にしてください。

※ 凍結防止運転で、ポンプが自動的に浴槽の水を循環させて凍結を予防します。
(ポンプが運転する音(ウーンという音)がします)

※ 水がないとポンプが空運転し、機器から大きな音が発生する場合があります。

循環アダプター

配管等の凍結予防方法

  • ガス給湯器のリモコンの運転スイッチをオフにしてください。リモコンがない場合は、ガス給湯器のガス栓をしっかりと閉めてください(次の2を行うことによりガス給湯器が燃焼する可能性があるため)。
  • お湯の出る蛇口から一分間に約400ミリリットル以上の水を流し続けてください(浴そうなどで受けると経済的です)。
  • 凍結予防方法
  • (注意)電源プラグは抜かない

    凍結予防ヒーターが装備されている機種は凍結予防ヒーターが作動しなくなりますので電源プラグは抜かないでください。

通電していない状態になる場合の凍結予防方法

転宅で電気を解約したり、長期不在で電源プラグを抜いた場合は、凍結予防ヒーターが作動しませんので、取扱説明書に従ってガス給湯器内部の水を抜いてください。

ガス給湯器が凍結したときは

万一凍結した場合の対処方法

万一、配管が凍ってしまった場合は、自然に溶けるのをお待ちいただくか、凍った部分にタオルや布を巻き、その上からゆっくりとぬるま湯をかけて解凍してください。

解凍する場合

  • ガス給湯器のリモコンの運転スイッチをオフにしてください。リモコンがない場合は、ガス給湯器のガス栓をしっかりと閉めてください(次の2を行うことにより、凍結解消後にガス給湯器が燃焼する可能性があるため)。
  • 台所などの本来お湯の出る蛇口を少し開けてください。
  • 凍っていると思われる配管・給水元栓のまわりにタオル等を巻いてください。
  • タオルにぬるま湯をゆっくりかけてください。
  • 水が流れるようになったら、2で開けておいた蛇口を閉めてください。
  • タオルを外し、配管・給水元栓のまわりについた水分を乾いた布でふき取ってください。

解凍する場合

  • ※ ぬるま湯をかける際、付近の電源コードやコンセントにかからないようご注意ください。
  • ※ 水が出るようになっても、機器や配管からの水漏れがないかなどをよく確認の上、ご使用ください。
  • ※ 蛇口から水を流し続けていた方は、凍結が解消されると水が流れたままになりますので、しっかり締めておいてください。
このページのトップへ戻る

大阪ガス ご家庭のお客さま向けホームページ