ホテル・飲食店で使えるお食事券5,000円分毎月当たる!キャンペーン 【期間】2022年3月末まで

電気を安全にご利用いただくために

電気を正しく安全にご利用いただくために、お守りいただきたい注意事項をご紹介しています。

こんな使い方していませんか?

コードについて

  • コードを束ねたまま使用するのはやめましょう

    1.コードを束ねたまま使用するのはやめましょう 束ねたまま電気を使用すると、過熱するおそれがあります。

  • コードは踏みつけないようにしましょう

    2.コードは踏みつけないようにしましょう コードが半断線となり、出火するおそれがあります。

  • たこ足配線はやめましょう

    3.たこ足配線はやめましょう コードが過熱して火災の原因となるおそれがあります。

  • コードの固定はやめましょう

    4.コードの固定はやめましょう コードを壁などに打ち付けると被覆がやぶれ、ショートの原因となるおそれがあります。

  • コードのねじり接続はやめましょう

    5.コードのねじり接続はやめましょう 接続不良により過熱して、火災の原因となるおそれがあります。

プラグについて

  • プラグはしっかり差し込みましょう

    1.プラグはしっかり差し込みましょう 接続不良により過熱するおそれがあります。

  • コードはプラグを持って抜きましょう

    2.コードはプラグを持って抜きましょう コードの部分を引っ張ると芯線が断線するおそれがあり、過熱する原因にもなります。

  • 破損箇所は修理しましょう

    3.破損箇所は修理しましょう 感電やショートの原因となるおそれがあります。

  • コンセントのプラグは定期的に掃除しましょう

    4.コンセントのプラグは定期的に掃除しましょう トラッキング現象※により、火災の原因となるおそれがあります。

    • ※トラッキング現象とは、コンセントとプラグの刃の間に溜まったホコリが湿気を帯び、放電が起きてプラグが発火する現象です。

漏電・感電について

漏電とは

電気の漏れを防止するために、設備やプラグ・コードには絶縁物が取り付けられていますが、絶縁物が老朽化したり、水にぬれたりすると、電気が漏れてしまいます。これを漏電といいます。漏電は、感電事故や火災の原因となることがあります。

感電とは

漏電している電気製品に触れると、電気が通りやすい人体を通り、地面に流れていきます。これを「感電」といい、強い電気が流れた場合には、人体に大きな影響を与えることがあり、大変危険です。電気が人体に流れることを防ぐために、台所や洗濯機など水を使う場所で電気を使用する場合は、「アース」の取り付けをおすすめします。

安全調査について

安全調査とは、法令に基づいて、4年に一度、各エリアの一般送配電事業者(関西電力送配電など)がお客さまのご自宅にお伺いし、ご家庭の電気設備の点検を行うものです。 電気を安全に安心してお使いいただくために、必ずお受けください。