WEB申込み限定 お引越し時のガスや電気のお申込みで PayPayポイント・楽天ポイント・Amazonギフトカードなどに交換できるマイ大阪ガスポイントプレゼント 早期申込みでおトク! 2月9日〜4月15日 ※適用条件など詳細はこちら >>

家のネットが遅い原因とは?戸建と集合住宅で考えられる対処法を解説

2023/08/25(更新日:2023/12/05)

家のネットが遅い原因とは?戸建と集合住宅で考えられる対処法を解説

家のインターネットの速度が遅いときに考えられる原因は、端末や接続機器、インターネット回線など多岐にわたります。

住んでいる住宅が戸建住宅か集合住宅かによっても考えられる原因は異なるため、改善するには、原因を確かめて対処法を試す必要があります。

本記事では、家のインターネットの速度が遅い場合の原因と対処法を戸建と集合住宅にわけて解説します。ぜひ参考にしてください。

- 目次 -

家のネットが遅いときはまず速度を調べよう

家のインターネットの速度が遅いと感じたら、まずは通信速度を調べてみましょう。

通信速度とは、インターネットを利用しているときに1秒間に送受信できるデータ量のことです。最小単位がbpsでkbps、Mbps、Gbpsの順に大きくなります。

光回線サービスで、下り最大速度2Gbpsや1Gbpsと記載されていることがありますが、基本的に通信事業者が発信している最大通信速度は理論値で、さまざまな理由から最大速度が出るとは限らないため、実際の通信速度は自分で調べたほうがいいでしょう。

通信速度を調べる方法はいくつかあり、たとえばGoogleのスピードテストなら、次の手順で通信速度を計測できます。

  • 1. 端末でブラウザを開く
  • 2. Googleの検索バーに「スピードテスト」と入力して検索する
  • 3. トップに表示される枠内右下の「速度テストを実行」をクリックする
  • 4. 通信速度の計測が完了するまで待つ

スピードテストでは、ネットワークが一定期間にインターネットサーバーからデータを受信する「ダウンロード速度(※1)」やネットワークがサーバーへデータを送信する「アップロード速度」を計測できます。

動画やオンラインゲームの通信速度が遅いと感じるときには、ダウンロード速度を確認するといいでしょう。ダウンロード速度は次のように評価します。

ダウンロード速度 評価 通信速度の目安(可能なこと)
100Mbps以上 非常に高速 ・同時に複数のデバイスで4K動画のストリーミング
・友だちとのオンラインゲーム
・ビデオ会議
50Mbps以上 高速 ・同時に複数のデバイスで4K動画のストリーミング
・オンラインゲーム
・ビデオ会議
25Mbps以上 快適な速度 ・同時に複数のデバイスでHD動画の安定したストリーミング
13Mbps以上 良好な速度 ・同時にいくつかのHD動画のストリーミング
7Mbps以上 普通の速度 ・1本のHD動画のストリーミング
※複数のデバイスで同時にストリーミングすると、バッファリングにより中断の可能性あり
3Mbps以上 やや低速 ・1台のデバイスで標準画質の動画を1本ストリーミング
3Mbps未満 低速 ・ウェブブラウジングには十分
※動画の読み込みが遅くなる可能性あり

基本的に、ダウンロード速度が25Mbps以上あれば、動画やオンラインゲームなどをストレスなく楽しむことができますが、25Mbps未満では、インターネットが遅いと感じられる場合もあるでしょう。

大阪ガスの「スピードチェック」では、お使いのインターネットの通信速度を測ることができます。ぜひご利用ください。

  • (※1)ダウンロード速度は、インターネットサービスプロバイダー(ISP)と契約しているメニューによって異なります。一部のデバイスではパソコンと同等の速度が出ないことがあり、デバイスの機種やバージョンによっても速度が異なります。

家のネットが遅い原因

家のインターネットの速度が遅いときに考えられる原因は、戸建の住宅や、マンション・アパートなどの集合住宅など、住宅の種類によって異なる場合があります。

  • ●戸建と集合住宅で共通する原因
  • ●戸建で起きやすい原因
  • ●集合住宅で起きやすい原因

上記の原因を順番に解説します。

戸建と集合住宅で共通する原因

インターネットの速度が遅くなる原因のなかで、戸建と集合住宅で共通しているのは、主に以下です。

  • ●インターネット回線に原因がある
  • ●パソコンやスマートフォンに原因がある
  • ●接続機器に原因がある

インターネット回線に原因がある

パソコンやスマートフォンなどの端末でインターネットを利用するには、光回線やモバイル回線などの回線を管理している「インターネット回線事業者」、およびインターネット回線とインターネットを接続する「プロバイダー」と契約する必要があります。

そのため、インターネット回線事業者やプロバイダーなどで次のようなトラブルが起きていると、インターネットの通信速度が低下する場合があります。

  • ●インターネットを利用している方が多く、混雑している
  • ●回線事業者やプロバイダーで通信障害が起きている
  • ●アクセスしたいウェブページの利用者が多い など

インターネット回線やプロバイダーなどは多くの方と共同で利用していますが、同時に送受信できる通信データ容量に上限があります。そのため、同じ時間帯にインターネットを利用している方が多いと渋滞してしまい、通信速度が低下します。

また、回線事業者やプロバイダーで通信障害が起きていると、データ通信やWi-Fi通信などに切り替えない限り、基本的にはインターネットを利用できなくなります。

ほかにも、特定のウェブサイトだけ接続できない場合は、利用者が多くてサーバーが混雑している可能性が考えられます。

パソコンやスマートフォンに原因がある

パソコンやスマートフォンが以下のような状態だと、インターネットの通信速度が低下する場合があります。

  • ●パソコンやスマートフォンの性能が低い
  • ●定期的にアップデートしていない
  • ●ウイルスに感染している など

パソコンやスマートフォンの性能が低いと、高画質な動画やオンラインゲームなどの膨大なデータを表示する際、時間がかかる場合があります。また、古い端末は最新の通信規格に合わず、通信速度が上昇しないケースもあります。

ほかにも、パソコンやスマートフォンを定期的にアップデートしていない、あるいは端末がウイルスに感染しているなどの場合は、インターネットの通信速度が低下する可能性が高いです。

接続機器に原因がある

一般的に、自宅でパソコンやスマートフォンをインターネットに接続する際は、主に以下のような接続機器を利用します。

概要
モデム・光回線終端装置(ONU) 送受信するデータをデジタル信号とアナログ信号、または光信号と相互に変換する機器
Wi-Fiルーター 複数のパソコンやスマートフォンとインターネットを無線で接続する機器
有線LAN パソコンやスマートフォンとインターネットを有線で接続する機器

接続機器を利用していてインターネット回線やパソコン、スマートフォンに原因がない場合、次のような問題が起きている可能性があります。

  • ●接続機器の性能が低い
  • ●接続機器が熱を持っている
  • ●接続機器にエラーが蓄積している
  • ●ケーブルが断線している など

特に、Wi-Fiルーターは24時間ずっと稼働しているため、機器本体の過熱やエラーの蓄積により、通信速度が低下する原因になりやすいです。

また、Wi-Fiルーターやモデムを長期間利用していると性能が低くなっている、あるいは有線LANのどこかが断線している可能性も考えられるので、状態に問題がないか一度確認してみましょう。

戸建で起きやすい原因

集合住宅でも起こる可能性はありますが、特に戸建住宅の場合は、住宅の大きさや構造により、Wi-Fiルーターの電波が届きにくい傾向があります。

Wi-Fiとは、機器同士を無線でつなげる通信規格のことで、Wi-Fiルーターのエリア内ならパソコンやスマートフォンを無線で接続して、インターネットを利用することが可能です。

しかし、Wi-Fiは障害物に弱く、一定範囲までしか電波が届きません。たとえば、2階建ての戸建住宅の2階にWi-Fiルーターを設置した場合、壁や天井に阻まれて1階では電波が届かないエリアが発生する、あるいは届いても通信速度が遅く接続が安定しない可能性があります。

集合住宅で起きやすい原因

戸建と同じく、場所によってWi-Fiルーターの電波が届きにくいことはありますが、集合住宅でそのほかに考えられる主な原因は、以下のとおりです。

  • ●部屋への配線形式に原因がある
  • ●1本の回線に対して利用者が多い

上記の原因を順番に解説します。

部屋への配線形式に原因がある

集合住宅は外から通信回線を引っ張り込み、建物の共用部から各部屋に個別に回線をとおしています。ただし、マンションによって配線形式が次のように異なります。

概要
光配線方式 建物の共用部から各部屋まで光回線を伸ばす方式
VDSL配線方式 建物の共用部から各部屋まで電話回線を伸ばす方式
LAN配線方式 建物の共用部から各部屋までLANケーブルを伸ばす方式

古いマンションの場合、建物の共用部まで光ファイバーを引き込んでいても、共用部から各部屋は既設の電話回線やLANケーブルを利用している場合があります。

電話回線の場合(VDSL配線方式)は、途中で電話回線での接続に切り替わるため、光配線方式に比べて最大通信速度が低下しやすく、混雑時の影響を受けやすいなどのデメリットがあります。

また、LANケーブルの場合(LAN配線方式)は、ケーブルのカテゴリや設備が古いと最大通信速度が低下します。

つまり、VDSL配線方式やLAN配線方式は、建物の共用部までは光回線でも、共用部から各部屋までは違う回線を利用するため、通信速度が低下しやすいです。

1本の回線に対して利用者が多い

集合住宅の場合、1本のインターネット回線を各部屋に分配していることが多いです。

インターネット回線には送受信できる通信データ容量に上限があり、同じ時間帯で利用者が多い、あるいは利用者のなかに大容量の通信をおこなっている方がいると、ほかの方の通信速度に影響をおよぼす可能性があります。

家のネットが遅いときの対処法

家のネットが遅いときの対処法

前述した原因を踏まえて、家のインターネットの速度が遅いときの対処法を住宅の種類ごとに解説します。

戸建と集合住宅で共通する対処法

戸建と集合住宅で共通する対処法は以下のとおりです。

  • ●インターネット回線やプロバイダーの切り替えを検討する
  • ●インターネットを利用する時間帯を変えてみる
  • ●パソコンやスマートフォンを再起動する
  • ●パソコンやスマートフォンをアップデートする
  • ●パソコンやスマートフォンを買い替える
  • ●セキュリティソフトを見なおす
  • ●モデムやWi-Fiルーターを再起動する
  • ●Wi-Fiルーターに接続する機器を減らす

上記の対処法を順番に解説します。

インターネット回線やプロバイダーの切り替えを検討する

インターネットを利用するためには、回線事業者やプロバイダーと契約する必要があります。

  • ●回線事業者…インターネットに接続するための光回線やモバイル回線などを提供する業者
  • ●プロバイダー…インターネットとインターネット回線をつなげる業者

通信事業者によって提供している回線の種類や最大通信速度などは異なります。

たとえば、大阪ガスが提供しているインターネットサービス「さすガねっと」では、大容量通信もスムーズな「めちゃはやプラン」や、通信速度と月額料金のバランスが取れた「とくとくプラン1G」などの光回線サービスを選ぶことが可能です。

回線事業者やプロバイダーを変更すると通信速度が改善される場合があるので、気になる方はぜひチェックしてください。

インターネットを利用する時間帯を変えてみる

インターネットは利用している方が多いほど混雑して、通信速度が低下する場合があります。

特定の時間帯にインターネットの速度が遅くなる場合は、混雑しやすい時間帯を避けてインターネットを利用してみましょう。

一般的にインターネットの利用は18時から24時にかけて集中していることが多いため、朝から日中にかけてインターネットを利用すれば、動画の視聴や検索などを快適に楽しめる可能性が高くなるでしょう。

パソコンやスマートフォンを再起動する

パソコンやスマートフォンなどの機器を使用し続けていると、内部で不具合やエラーが蓄積され、通信速度に影響をおよぼす可能性があります。

パソコンやスマートフォンを再起動すると内部のエラーが解消され、通信速度が改善する場合があるので、試してみましょう。

パソコンやスマートフォンなどの再起動方法は端末によって異なるので、公式ホームページや取り扱い説明書などを確認するといいです。

パソコンやスマートフォンをアップデートする

パソコンやスマートフォンのOSのバージョンが古いと通信速度が遅くなる場合があります。

OSとはOperating System(オペレーティングシステム)の略称で、パソコンならWindowsやMac、スマートフォンならAndroidやiOSなどが該当します。

OSをバージョンアップすると、新しい機能の追加や不具合の解消を見込めるので、通信速度も改善される可能性があります。なお、アップデート方法は端末によって異なるので、公式ホームページや取り扱い説明書などを確認しながらおこないましょう。

パソコンやスマートフォンを買い替える

パソコンやスマートフォンが古いと性能が低い、あるいは最新の通信規格に対応していない可能性があります。

再起動やアップデートをおこなっても通信速度が改善されないときは、パソコンやスマートフォンの買い替えを検討してみましょう。

セキュリティソフトを見なおす

セキュリティソフトとは、パソコンやスマートフォンを悪意ある第三者から守るためのソフトです。しかし、起動しているとパソコンやスマートフォンにある程度の負荷がかかります。

セキュリティソフトを2つ以上インストールしていて両方とも起動している、あるいはセキュリティソフトの機能によりパソコンやスマートフォンに負荷をかけていると、通信速度が遅くなる場合があります。

そのため、セキュリティソフトの数を減らすことや、負荷の軽いソフトへの切り替えも試してみるといいでしょう。

モデムやWi-Fiルーターを再起動する

パソコンやスマートフォンだけでなく、モデムやWi-Fiルーターも使用し続けているとエラーが蓄積されている可能性があるので、一度再起動してみましょう。

ただし、モデムやWi-Fiルーターを再起動するとインターネット接続の設定をやりなおす場合があるので、手順を確認しておくといいです。

Wi-Fiルーターに接続する機器を減らす

Wi-Fiルーターにパソコンやスマートフォン、ゲーム機などを多く接続していると、通信速度が遅くなる場合があります。

インターネットの通信速度が低下している場合は、不要な端末の接続を解除してみる、あるいは接続可能な台数が多いWi-Fiルーターに買い替えを検討してみましょう。

戸建の場合の対処法

Wi-Fiルーターの電波が届きにくいという原因への対処法は、以下のとおりです。

  • ●Wi-Fiルーターの位置を変える
  • ●有線LANを利用する
  • ●Wi-Fi中継器を設置する

上記の対処法を順番に解説します。

なお、戸建で起こりやすい原因は集合住宅でも起こる可能性があるため、以下で紹介する対処法は、集合住宅の場合にも有効です。

Wi-Fiルーターの位置を変える

Wi-Fiは、天井や壁、家具などの障害物があると電波が弱くなるので、Wi-Fiルーターとパソコンやスマートフォンの距離が遠いと、通信速度が低下する傾向があります。

そのため、Wi-Fiルーターの設置位置を変更したり、Wi-Fiルーターの近くでパソコンやスマートフォンを利用したりすることで、通信速度が早くなる可能性があります。

有線LANを利用する

Wi-Fiルーターの設置場所やパソコンを利用する場所を移動できない場合は、有線LANを利用してみるといいです。

有線LANはWi-Fiのような無線通信に比べて通信速度が安定しており、外部の影響を受けにくいです。ただし、LANケーブルは通信速度や周波数などの違いにより、次のカテゴリに分類されます。

最大通信速度 伝送帯域
カテゴリ5 100Mbps 100MHz
カテゴリ5e 1Gbps
カテゴリ6 250MHz
カテゴリ6A 10Gbps 500MHz
カテゴリ7 600MHz
カテゴリ7A 1000MHz
カテゴリ8 40Gbps 2000MHz

カテゴリの数字が大きいほど、通信速度は速いです。インターネットの通信速度を確認する際は、カテゴリを間違えないように注意しましょう。

Wi-Fi中継器を設置する

スマートフォンは有線LANが利用できないので、Wi-Fiエリアを広げたい方はWi-Fi用の中継器を導入してみるといいです。

Wi-Fi中継器はWi-FiルーターのWi-Fiエリアを拡大するので、通信が届かなかった部屋や場所も安定するようになります。たとえば、Wi-Fiルーターを2階に設置していて、1階に電波を届けたい場合は、階段にWi-Fi中継器を設置してみましょう。

なお、同じメーカーのWi-Fi中継器なら、エリアを跨いでも面倒なパスワードの入力が不要な場合が多いです。

集合住宅の場合の対処法

集合住宅で通信速度が遅くなる主な原因として考えられるのは、集合住宅の配線方式とインターネットを利用している人数の2つです。

どちらも個人で解決できない問題なので、集合住宅で通信速度を速くしたい場合は、戸建向けのプランを導入してみましょう。

通信事業者や集合住宅のオーナーにもよりますが、戸建住宅と同様のプランを集合住宅でも契約可能な場合があります。たとえば、大阪ガスの「さすガねっと」では、1階から3階建ての集合住宅なら大容量通信の「めちゃはやプラン」が契約できます。

戸建向けのメニューなら1本の回線をほかの住人と共有する必要がなく、ご自身の部屋まで光回線を通すことができます。

さらに、対応エリアにもよりますがインターネット回線サービスを自由に選べて、配線場所をある程度自由に決められるなどのメリットもあります。

ただし、集合住宅で戸建向けのメニューを契約するには、賃貸物件ならオーナーの許可が必要で、開通までに時間がかかる場合が多いため、検討する際はかかる手間と時間も考慮しましょう。

インターネット回線の種類

インターネット回線の種類

通信速度の改善のために切り替えを検討しているなら、次のようなインターネット回線の種類を知っておくといいです。

  • ●光回線
  • ●ケーブルテレビ
  • ●モバイル回線

上記を順番に解説します。

光回線

光回線とは、「光ファイバーケーブル」と呼ばれる伝送路を利用してデータを送受信するインターネット回線です。電気信号を光に変えているため、ほかのインターネット回線に比べて高速で安定した通信が可能です。

通信事業者によっては、光回線とプロバイダーをセットで提供している「光コラボーレション(光コラボ)」があります。光コラボなら、NTT東日本・西日本が提供しているフレッツ光とプロバイダーを一緒に契約できるので、契約する手間を1回にまとめることができます。

インターネットの通信速度を速くして動画やオンラインゲームなどを快適に楽しみたい方は、光回線サービスの利用も検討してみましょう。

ケーブルテレビ

ケーブルテレビが運営している回線は、テレビを見るだけでなく、インターネットに接続することも可能です。ケーブルテレビや電話サービスなどをインターネットとセットで契約すると、おトクになるケースがあります。

ただし、インターネットの月額料金だけを比較すると割高になるケースが多く、光回線に比べると通信速度はやや遅いです。

モバイル回線

モバイル回線は光回線やケーブルテレビと違い、自宅に固定回線導入のための工事を必要としないインターネット回線です。各所にある基地局と、モバイルルーターやホームルーターを無線で接続します。

インターネット環境を構築するための工事が必要なく、持ち運びができる小型のモバイルルーターと、室内での使用に特化したホームルーターがあります。そのため、固定回線を利用できない方や、外出先でインターネットを利用したい方におすすめのインターネット回線です。

ただし、通信の安定性は光回線より劣る傾向があるため、動画視聴やテレワークなどインターネットをよく利用する方は、通信の安定した光回線を検討してみましょう。

インターネット回線を契約するなら大阪ガスの「さすガねっと」がおすすめ

大阪ガスが提供しているインターネットサービスの「さすガねっと」では、次の5種類のプランを提供しています。

  • ●めちゃはやプラン…大容量通信を楽しみたい方向け
  • ●はやとくプラン…インターネットを使う頻度が増えた方向け
  • ●とくとくプラン10G…多人数で同時に高速回線を利用したい方向け
  • ●とくとくプラン1G…インターネットを使う頻度が増えた方向け
  • ●とくとくプラン320M…インターネットを安く利用したい方向け

料金プランごとに月額料金や最大通信速度は異なりますが、インターネットの通信速度を重視する方は、「めちゃはやプラン」と「はやとくプラン」がおすすめです。次項より、詳細を順番に解説します。

大阪ガスの「めちゃはやプラン」

「めちゃはやプラン」はご自宅で高画質な動画や、データの送受信が多いオンラインゲームを快適に楽しみたい方におすすめの料金メニューです。次の表では、「めちゃはやプラン」の内容をまとめました。

概要
月額料金(※1) 3,080円(税込)〜
通信速度(※2) 上り最大:1Gbps
下り最大:2Gbps
契約期間 3年(※3)
標準工事費 実質0円(※4)
契約事務手数料 3,300円(税込)

「めちゃはやプラン」では、下りの速度が最大2Gbps(※2)です。インターネットに接続するパソコンやスマートフォンなどが多くても、高画質な動画の視聴やオンラインゲームなどが快適に楽しめます。

また、「めちゃはやプラン」ではスタート割とガスセット割を適用すれば初年度月額料金が3,080円(税込)に抑えられます。ただし、2年目以降は月額5,500円(税込)となります。

「めちゃはやプラン」は戸建住宅のほかに、集合住宅の場合は1階〜3階建てに限り利用可能です。常に最大速度を維持できるとは限りませんが、現在のインターネットの通信速度にお悩みの方は、「めちゃはやプラン」への切り替えを検討してみましょう。

  • (※1)「スタート割」、「ガスセット割」を適用した月額料金となります。「スタート割」、「ガスセット割」の詳細はこちらをご確認ください。2年目以降の月額料金は、こちらをご確認ください。
  • (※1)「スタート割」、「ガスセット割」を適用した月額料金となります。「スタート割」、「ガスセット割」の詳細はこちらをご確認ください。2年目以降の月額料金は、こちらをご確認ください。
  • (※2)「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時でおおむね1Gbps、無線接続時でおおむね1.3Gbpsです(IEEE802.11acの場合の速度です)。最大速度は、規格上の最高速度であり、回線の混雑状況やお客さまの通信環境などにより、実際の通信速度は低下(変化)します。
  • (※3)3年経過後の継続契約は2年単位で自動更新
  • (※4)工事費相当額割引適用時の料金です。
  • 工事費相当額割引について
  • 工事費相当額割引について
  • 【適用条件】
  • ●大阪ガスのインターネット「さすガねっと」に新規でお申込みいただくこと(当社インターネット契約を解除し、同一設置場所にて同一プランで再申込みの場合、対象外になります)。
  • ◎「はやとくプラン」の契約期間なしプランをお申込みの場合は対象外となります。
  • 【ご注意事項】
  • ◎対象サービスのインターネット標準工事費が発生しない場合、本ご契約特典の適用対象外となります。
  • ◎途中解約された場合は、インターネット標準工事費の残債額を一括請求いたします。
  • ◎引越し起因の解約であっても、契約解除料及びインターネット標準工事費残債額は発生いたします。
  • ◎毎月のご請求額から、インターネット標準工事費の毎月の分割請求額と同等額を割引します。
  • ◎工事はインターネット標準工事費のみが対象となります(固定電話やテレビの工事費または土日、祝日工事などの追加料金は対象外となります)。
  • ◎割引の適用開始時期に関しては、契約約款をご確認ください。インターネット標準工事費が分割払いの場合、ご利用開始日の属する月の税率での分割払いとなります。別途追加工事費が発生する場合があります。詳細はこちらをご確認ください。
    各種適用条件やご注意事項などの詳細は、こちらをご確認ください。
  • ◎割引の適用開始時期に関しては、契約約款をご確認ください。インターネット標準工事費が分割払いの場合、ご利用開始日の属する月の税率での分割払いとなります。別途追加工事費が発生する場合があります。詳細はこちらをご確認ください。
    各種適用条件やご注意事項などの詳細は、こちらをご確認ください。

大阪ガスの「はやとくプラン」

「はやとくプラン」は通信速度と月額料金のバランスが取れている料金メニューです。次の表では、「はやとくプラン」の内容をまとめました。

概要
月額料金(※5) 戸建住宅:2,970円(税込)〜
集合住宅:2,530円(税込)〜
通信速度(※6) 上り最大概ね:1Gbps
下り最大概ね:1Gbps
契約期間 2年
標準工事費 実質0円(※7)
契約事務手数料 3,300円(税込)

「はやとくプラン」はスタート割とガスセット割を適用すれば初年度月額料金が戸建住宅なら2,970円(税込)、集合住宅なら2,530円(税込)に抑えられます。光回線サービスの下り最大速度1Gbpsを1カ月3,000円以下で利用できることは魅力的です。

また、無線LAN(Wi-Fi)機能がセットになった便利でおトクなIP電話サービスや、アンテナを設置せずに地デジや無料BSなどを楽しめるテレビサービスなども加入できます(※8)(※9)。

「はやとくプラン」は戸建住宅と集合住宅の両方に対応しているので、月額料金を抑えつつ、光回線サービスに切り替えたい方は検討してみましょう。

  • (※5)「スタート割」、「ガスセット割」を適用した月額料金です。「スタート割」、「ガスセット割」の詳細はこちらをご確認ください。2年目以降の月額料金は、こちらをご確認ください。
  • (※5)「スタート割」、「ガスセット割」を適用した月額料金です。「スタート割」、「ガスセット割」の詳細はこちらをご確認ください。2年目以降の月額料金は、こちらをご確認ください。
  • (※6)最大速度は、規格上の最高速度であり、回線の混雑状況やお客さまの通信環境などにより、実際の通信速度は低下(変化)します。お住まいの状況により、提供速度が100Mbps、200Mbpsになる場合があります。
  • (※7)工事費相当額割引適用時の料金です。
  • 工事費相当額割引について
  • 工事費相当額割引について
  • 【適用条件】
  • ●大阪ガスのインターネット「さすガねっと」に新規でお申込みいただくこと(当社インターネット契約を解除し、同一設置場所にて同一プランで再申込みの場合、対象外になります)。
  • ◎「はやとくプラン」の契約期間なしプランをお申込みの場合は対象外となります。
  • 【ご注意事項】
  • ◎対象サービスのインターネット標準工事費が発生しない場合、本ご契約特典の適用対象外となります。
  • ◎途中解約された場合は、インターネット標準工事費の残債額を一括請求いたします。
  • ◎引越し起因の解約であっても、契約解除料及びインターネット標準工事費残債額は発生いたします。
  • ◎毎月のご請求額から、インターネット標準工事費の毎月の分割請求額と同等額を割引します。
  • ◎工事はインターネット標準工事費のみが対象となります(固定電話やテレビの工事費または土日、祝日工事などの追加料金は対象外となります)。
  • ◎割引の適用開始時期に関しては、契約約款をご確認ください。インターネット標準工事費が分割払いの場合、ご利用開始日の属する月の税率での分割払いとなります。別途追加工事費が発生する場合があります。詳細はこちらをご確認ください。
  • ◎割引の適用開始時期に関しては、契約約款をご確認ください。インターネット標準工事費が分割払いの場合、ご利用開始日の属する月の税率での分割払いとなります。別途追加工事費が発生する場合があります。詳細はこちらをご確認ください。
  • (※8)アンテナで受信できるチャンネルが一部受信できない場合があります。
  • (※9)BS・CS(スカパー!など)の有料放送の視聴には、別途提供事業者との契約(BS、スカパー!はB-CASカード/ACAS番号単位、スカパー!プレミアムサービス光はチューナー単位)・料金、対応機器などが必要です。
  • 【ご注意事項】
  • ◎テレビサービス単体でのご契約はできません。
  • ◎NHKの受信料は当テレビサービスの料金には含まれておりません。別途NHKと放送受信契約をご契約いただく必要があります。
  • ◎携帯・移動体向け地上デジタル放送(ワンセグ)は含まれておりません。
  • ◎ご利用開始月の月額料金の内、「さすガねっと テレビ伝送サービス」は日割請求となり、「テレビ視聴サービス」は無料となります。ただし、転用又は事業者変更で、当社とのご契約前から「テレビ視聴サービス」をご利用していた場合、「テレビ視聴サービス」のご利用開始月の月額料金は日割りせず請求となります。
  • ◎「テレビサービス(さすガねっと テレビ)」のご利用には、当社が提供する電気通信サービス「さすガねっと テレビ伝送サービス」の契約・料金(770円)と、スカパーJSAT株式会社が提供する放送サービス「テレビ視聴サービス」の契約・料金(330円)が必要です。テレビ視聴サービス利用料(330円)はスカパーJSAT株式会社の依頼に基づき、当社から請求します。当テレビサービスのご利用には、さすガねっと「はやとくプラン」の契約・料金が必要です。マンションタイプでは利用できません。
  • ◎テレビを複数台でご利用の場合、標準工事費に加え別途工事費が発生する場合があります。詳しくはこちらをご確認ください。
  • ◎テレビを複数台でご利用の場合、標準工事費に加え別途工事費が発生する場合があります。詳しくはこちらをご確認ください。
  • ◎オプション及び、オプションチャンネルのご利用には別途対応機器・料金などが必要な場合があります。
  • ◎「テレビサービス(さすガねっとテレビ)」は個人向けサービスです。個人向けサービスは店舗や会社などでは業務利用できません。当テレビサービスの権利の譲渡はできません。
  • ◎成人向けチャンネルなど一部を除いて、ハードディスクやレコーダーなどの記録媒体で録画が可能です。
  • ◎画質(4K/8K、FHD、HDなど)の最大化のためには、コンテンツに対応したテレビが必要となります。対応していない場合は、テレビに合わせた画質での表示となりますのであらかじめご了承ください。
  • ◎NTT西日本設備または放送事業者設備のメンテナンスなどのため、サービスを一時中断する場合があります。
  • ◎「さすガねっとテレビ」はNTT西日本の「フレッツ・テレビ」提供エリアでご利用になれます。
  • ◎設備の状況などにより、サービスエリア内であってもサービスを提供できない場合があります。
    各種適用条件やご注意事項などの詳細は、こちらをご確認ください。
  • ◎設備の状況などにより、サービスエリア内であってもサービスを提供できない場合があります。
    各種適用条件やご注意事項などの詳細は、こちらをご確認ください。

まとめ

ご自宅のインターネットの通信速度が低下したら、次の対処法を試してみましょう。

対処法
戸建と集合住宅共通 インターネット回線やプロバイダーの切り替えを検討する
インターネットを利用する時間帯を変えてみる
パソコンやスマートフォンを再起動する
パソコンやスマートフォンをアップデートする
パソコンやスマートフォンを買い替える
セキュリティソフトを見なおす
モデムやWi-Fiルーターを再起動する
Wi-Fiルーターに接続する機器を減らす
戸建の場合 Wi-Fiルーターの位置を変える
有線LANを利用する
Wi-Fi中継器を設置する
(集合住宅にも有効)
集合住宅の場合 戸建向けのプランを導入する

上記で紹介した対処法で改善されない場合は、事業者の切り替えを検討してみましょう。

大阪ガスの「さすガねっと」なら、ガスとのセット割で初年度月額料金を抑えながらインターネットサービスを利用できます。

5種類の料金プランのなかには、集合住宅でも戸建住宅と同様のメニューを契約できる場合があるので、気になる方はチェックしてみましょう。

\インターネットの通信速度を測定してみよう/

SPEED CHECK スピードチェック

通信速度を簡単に測定できる
大阪ガスのインターネット速度測定サービスです。

「さすガねっと」のお申込み

WEB

電話・訪問

お電話でのご相談・お申込み
プラン変更のお申込み

0120-001-021

全日 9:00〜19:00

※非常時等にはやむを得ず受付時間を変更する場合があります。

窓口でのご相談・お申込みはこちら

※「さすガねっと」の解約手続きについては、こちらをご確認ください。

さすガねっとTOPへ戻る