WEB申込み限定 お引越し時のガスや電気のお申込みで PayPayポイント・楽天ポイント・Amazonギフトカードなどに交換できるマイ大阪ガスポイントプレゼント 早期申込みでおトク 2月9日〜4月15日 ※適用条件など詳細はこちら >>

会員専用サイト「マイ大阪ガス」
ご家庭のお客さま > さすガねっと > ネットのお役立ちコラム > スマホのインターネット通信速度が遅い原因と対処法を解説!

スマホのインターネット通信速度が遅い原因と対処法を解説!

2023/10/13(更新日:2023/10/31)

スマホのインターネット通信速度が遅い原因と対処法を解説!

スマホのインターネット通信速度が遅い場合、スマホ本体とインターネット環境のどちらかに原因があります。

原因を理解して対処法を実践すれば改善される可能性があるので、試してみましょう。

本記事では、スマホのインターネット通信速度が遅い原因と対処法を解説します。

- 目次 -

スマホのインターネット通信速度が遅い原因

スマホのインターネット通信速度が遅い主な原因は以下のとおりです。

  • ●インターネット回線サービスの通信速度制限がかかっている
  • ●スマホのストレージやメモリの容量が不足している
  • ●スマホのOSをアップデートしていない
  • ●スマホ本体やバッテリーが劣化・故障している
  • ●古い機種のスマホを使っている

上記の原因を順番に解説します。

インターネット回線サービスの通信速度制限がかかっている

契約している通信サービスによって異なりますが、月間通信データ容量はプランによってあらかじめ決められています。月間通信データ容量の上限に達すると、通信速度制限がかかり、スマホのインターネットの通信速度が低下するのが一般的です。

動画視聴時やオンラインゲーム利用時に、スマホのインターネット通信速度が急に遅くなった場合は、契約している通信サービスの月間通信データ容量を確認しましょう。

インターネットの通信速度はどれくらい必要?

通信速度の最小単位はbpsで、1秒間にどれだけのデータを送受信できるかを表しています。bpsが最小単位で、1,000倍ごとにkbps、Mbps、Gbpsと単位が変わります。

次の表はスマホを快適に利用するための通信速度の目安をまとめたものです。

  通信速度の目安
メッセージを送る(テキストのみ) 3Mbps以上
動画を視聴する標準画質:3Mbps以上
HD動画:7Mbps以上〜25Mbps以上
4K動画:50Mbps以上〜100Mbps以上
テレビ電話(オンライン会議)50Mbps〜100Mbps以上
オンラインゲーム100Mbps以上

上記の通信速度はあくまでも目安です。実際に必要な通信速度はスマホの性能や目的によって異なりますが、50Mbps前後あると、スマホを快適に利用できる可能性があります。

大阪ガスの「スピードチェック」では、お使いのインターネットの通信速度を測ることができます。ぜひご利用ください。

スマホのストレージやメモリの容量が不足している

スマホにはストレージとメモリが内蔵されており、次のような役割を担っています。

  • ●ストレージ:音楽や写真などのデータが保存される場所
  • ●メモリ:アプリやスマホのOSなどのプログラムが実行される場所

画像や動画、音楽などを大量に保存しているとストレージを圧迫し、複数のアプリを同時に起動しているとメモリを圧迫する可能性があり、インターネットの通信速度が低下する場合があるので注意しましょう。

スマホのOSをアップデートしていない

OSとは、Operating System(オペレーティング システム)の略称で、スマホを操作するためのシステムです。Androidの場合はAndroid、iPhoneの場合はiOSがインストールされています。

OSは定期的に新しいバージョンが配信されますが、アップデートをおこなわないと通信速度が低下する場合があります。

スマホ本体やバッテリーが劣化・故障している

長年使用していて、スマホ本体やバッテリーが劣化したり故障したりすると、通信速度が低下する場合があります。

また、劣化や故障によってアプリが強制終了したり再起動に時間がかかったりと、通信速度以外の面で不具合が生じる場合もあるので、早めに対処するといいでしょう。

古い機種のスマホを使っている

スマホの機種が古いと、その通信規格も古くなる可能性があり、結果として通信速度が高速にならないことがあります。

たとえば、スマホがサポートしている通信規格が「Wi-Fi 4(IEEE802.11n、最大通信速度は600Mbps)」で、Wi-Fiルーターがサポートしている通信規格が「Wi-Fi 6(IEEE802.11ax、最大通信速度は9.6Gbps)」の場合、最大通信速度は古いほう、すなわち「Wi-Fi 4」に合わせられます。そのため、たとえ最新のWi-Fiルーターを導入しても、高速通信を利用することはできません。

スマホのインターネット通信速度が遅いときの対処法

スマホのインターネット通信速度が遅いときの対処法

スマホのインターネット通信速度が遅く、スマホ本体や契約に問題がある場合は、次の対処法を試してみるといいです。

  • ●通信データ容量の追加オプションを購入する
  • ●スマホのデータを整理する
  • ●スマホの履歴(キャッシュ)を削除する
  • ●スマホのOSをアップデートする
  • ●スマホを再起動する
  • ●スマホのバッテリーを交換する
  • ●スマホを買い替える

上記の対処法を順番に解説します。

通信データの容量追加オプションを購入する

契約している通信サービスの月間通信データ容量を使いきって通信速度が低下しているなら、通信データ容量の追加オプションを購入しましょう。

追加オプションを購入することで、速度制限が解除されて通信速度が元に戻る可能性があります。ただし、追加で購入した通信データ容量を使いきると再び通信速度は低下するので、使いすぎには注意しましょう。

スマホのデータを整理する

写真や動画、音楽などのデータでストレージがいっぱいになり、スマホのインターネット通信速度が遅い場合は、データを整理しましょう。

データを整理する方法は以下のとおりです。

  • ●SDカードにデータを移す
  • ●不要なアプリや写真を削除する
  • ●クラウドに保存する など

ストレージの容量を確認する方法は以下のとおりです。

  手順
Android
(Galaxyシリーズの場合)
  • 1.「設定」をタップする
  • 2.「バッテリーとデバイスケア」をタップする
  • 3.「ストレージ」をタップする
iPhone
(iOS16の場合)
  • 1.「設定」をタップする
  • 2.「一般」をタップする
  • 3.「情報」をタップする

確認方法はスマホの機種によって手順が異なるので、わからない場合は取り扱い説明書やお使いのスマホの公式サイトなどで確認しましょう。

スマホの履歴(キャッシュ)を削除する

キャッシュとは、次に同じインターネットサイトやアプリを開くときに動作を早くするため、スマホに保存されていくデータです。キャッシュがたまっているとメモリの容量がいっぱいになり、通信速度の低下を招く可能性があります。

そのため、Webサイトやアプリのキャッシュを削除すれば、インターネットの通信速度が改善される場合があります。キャッシュの削除方法は以下のとおりです。

  手順
Android
(Galaxyシリーズの場合)
  • 1.「設定」をタップする
  • 2.「アプリ」をタップする
  • 3.削除したいアプリをタップする
  • 4.ストレージをタップする
  • 5.下部にある「キャッシュを削除」をタップする
iPhone
(iOS16の場合)
  • 1.「設定」をタップする
  • 2.「Safari」をタップする
  • 3.「履歴とWebサイトデータを消去」をタップする

Androidの場合は設定からアプリを選択してキャッシュを削除できる場合が多いですが、iPhoneの場合はアプリごとにキャッシュの削除方法が異なります。上表ではSafariのキャッシュ削除方法を例として記載していますが、スマホの機種やOSのバージョンなどによって正しい手順は異なるため、詳しくは各ブラウザのサポートサイトやお使いのスマホの公式サイトをご確認ください。

なお、キャッシュを削除すると、ログイン情報などが削除されることでサイトやアプリによっては再度ログインを求められることや、コンテンツの読み込みに時間がかかることがあるため、注意しましょう 。

スマホのOSをアップデートする

OSをアップデートすることでスマホのインターネット通信速度が改善される場合があります。OSをアップデート方法は、以下のとおりです。

  手順
Android
(Galaxyシリーズの場合)
  • 1.「設定」をタップする
  • 2.「ソフトウェア更新」をタップする
  • 3.「ダウンロードおよびインストール」をタップする
  • 4.画面に表示される手順に沿って操作する
iPhone
(iOS16の場合)
  • 1.「設定」をタップする
  • 2.「一般」をタップする
  • 3.「ソフトウェアアップデート」をタップする
  • 4.「今すぐインストール」、あるいは「ダウンロードしてインストール」をタップする

スマホの機種によって手順は異なる場合があるため、詳しくは取扱説明書やお使いのスマホの公式サイトなどをご確認ください。

なお、OSのアップデートにはある程度の時間がかかり、通信データ容量を消費する可能性があります。実行する場合は、スマホを十分に充電したうえで、Wi-Fiに接続するといいです。

スマホを再起動する

スマホを使用していると内部にエラーや不具合が蓄積され、通信速度に影響を及ぼす可能性があります。再起動すると、スマホ内部に蓄積されたエラーや不具合が消えて改善される場合があるので、試してみるといいです。

なお、再起動のやり方はスマホの機種によって異なるため、詳しくは取り扱い説明書やお使いのスマホの公式サイトなどをご確認ください。

スマホのバッテリーを交換する

バッテリーを交換するとスマホのインターネット通信速度が改善される場合があります。

ただし、スマホの機種によってバッテリーが取り外せるタイプと、取り外せない内蔵タイプがあります。取り外せるタイプはご自身でバッテリーを用意して交換できますが、内蔵タイプの場合はメーカーに依頼する必要があるので注意しましょう。

スマホを買い替える

スマホの機種が古いと最新のOSにアップデートできない、バッテリーが交換できないなどの問題が発生しやすくなります。

そのため、購入してからある程度の年数が経過したら、新しいスマホに買い替えることを検討してみましょう。

スマホに問題はないのにインターネット通信速度が遅いときの原因と対処法

上記の対処法を試してもスマホのインターネット通信速度が改善されない場合は、次の可能性が考えられます。

  • ●契約しているインターネット回線サービスで問題が起きている
  • ●自宅のWi-FiルーターやLANケーブル で問題が起きている

以下では、スマホに問題はないのにインターネットの通信速度が遅いときの原因と対処法を順番に解説します。

契約しているインターネット回線サービスが遅い場合

契約しているインターネット回線サービスによっては、次のようなトラブルが発生している可能性があります。

  • ●回線が混み合っている
  • ●通信障害が起きている
  • ●契約しているメニューの最大通信速度が遅い など

インターネットは利用している人数が多いほど、通信速度が低下する傾向があります。そのため、同じ時間帯に利用している方が多いと、通信速度が遅くなる可能性は高いです。

また、通信障害が発生している場合は、通信速度の低下やインターネットにつながらないなどの事態が起きます。ほかにも、契約しているメニューによっては設定されている最大通信速度が遅い場合もあります。

契約しているインターネット回線サービスでトラブルが起きているなら、対処法は少ないです。基本的に、トラブルの原因が解決されたり、混雑が解消されたりするまで待つか、別のインターネット回線サービスへの切り替えを検討してみましょう。

自宅のWi-FiルーターやLANケーブルに問題がある場合

自宅のWi-Fiルーターで次のような問題が発生している可能性があります。

  • ●Wi-Fiルーターの設置場所が悪い
  • ●ほかの電子機器との電波干渉
  • ●Wi-Fiルーターとの接続台数が多い
  • ●Wi-Fiルーターが古い  など

Wi-Fiルーターはスマホやパソコンとルーターを無線接続できる機器です。Wi-Fiルーターの電波範囲内なら、LANケーブルを接続しなくても、無線でインターネットにつなげられます。

しかし、Wi-Fiの電波は壁や障害物などによって減衰する場合があるので、Wi-Fiルーターの設置場所が悪いと通信速度に影響を及ぼします。また、Wi-Fiルーターはほかの電子機器が発する電波干渉によって、通信速度が低下する場合もあります。

そのため、Wi-Fiルーターを設置する際は、金属や水、湿気などを含んだ物や電子レンジのような家電製品の近くに置かず、なるべく家の中心で床から1m〜2mほどの高さの場所に設置しましょう。

ほかにも、Wi-Fiルーターとつなげているスマホやタブレット、パソコンなどの数が多い場合や、Wi-Fiルーターが古くて最新の通信規格と合わない場合もあります。Wi-Fiルーターとの接続台数を見なおしたり、場合によっては新しいWi-Fiルーターに買い替えたりしてみましょう。

Wi-Fiルーター以外に、Wi-FiルーターとONU(※1)を接続するLANケーブルに異常があれば、スマホの通信速度に影響を及ぼす場合があるので、念のためチェックしておくといいです。

  • (※1)ONUとは、Optical Network Unitの略称で、光回線とパソコンを接続して光信号とデジタル信号間の変換を行う、光回線の終端装置です。

インターネットが遅いなら「大阪ガスのさすガねっと」への切り替えがおすすめ

ご自宅で安定した通信環境を構築するなら、「大阪ガスのさすガねっと」の「めちゃはやプラン」がおすすめです。

スタート割とガスセット割を適用すれば月額料金3,080円(税込)(※2)から利用でき、通信速度が下り最大2Gbps、上り最大1Gbps(※3)なので、高画質な動画の視聴やオンラインゲームなどをスマホで快適に楽しむことができます。

ほかにも、「めちゃはやプラン」の固定電話サービスに契約していると、ソフトバンクの「おうち割 光セット」が適用されます。ソフトバンクのスマホや携帯電話のご利用料金から永遠毎月最大1,100円割引(※4)されるので、ソフトバンクユーザーにおすすめです。

  • (※2) 「スタート割」、「ガスセット割」を適用した月額料金となります。「スタート割」、「ガスセット割」の詳細はこちらをご確認ください。2年目以降の月額料金は、こちらをご確認ください。
  • (※3) 「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時でおおむね1Gbps、無線接続時でおおむね1.3Gbpsです(IEEE802.11acの場合の速度です)。最大速度は、規格上の最高速度であり、回線の混雑状況やお客さまの通信環境などにより、実際の通信速度は低下(変化)します。
  • (※4)データプランメリハリ、データプランミニフィットの場合で、「おうち割 光セット」 適用の場合です。

まとめ

スマホのインターネット通信速度が低下した場合は、次のような原因が考えられるので、適切に対処しましょう。

原因対処法
インターネット回線サービスの通信速度制限がかかっている通信データ容量の追加オプションを購入する
スマホのストレージやメモリの容量が不足しているスマホのデータを整理する
スマホの履歴(キャッシュ)を削除する
スマホのOSをアップデートしていないスマホのOSをアップデートする
スマホ本体やバッテリーが劣化・故障しているスマホを再起動する
スマホのバッテリーを交換する
古い機種のスマホを使っているスマホを買い替える
回線が混み合っている解消されるまで待つ
通信障害が起きている解決されるまで待つ
契約しているメニューの最大通信速度が遅いなどインターネット回線サービスの切り替えを検討してみる
Wi-Fiルーターの設置場所が悪い
ほかの電子機器との電波干渉
Wi-Fiルーターの設置場所を見なおす
Wi-Fiルーターとの接続台数が多い接続台数を減らす
Wi-Fiルーターが古いWi-Fiルーターを買い替える

上記の対処法で改善されない場合は、ご自宅のインターネット環境の見直しが必要な可能性があります。

インターネット回線サービスを切り替えるなら、「大阪ガスのさすガねっと」の「めちゃはやプラン」がおすすめです。

「めちゃはやプラン」では高画質な動画や大容量データの送受信がスムーズにおこなえて、複数のスマホやタブレットを同時に快適に利用できます。また、条件を満たせば月額料金がおトクになったり、ソフトバンクのスマホの月額料金が割引になったりします。

インターネットの通信速度を改善したい、あるいは通信費を節約したいと考えている方は、大阪ガスのインターネット「さすガねっと」をご検討ください。

\インターネットの通信速度を測定してみよう/

SPEED CHECK スピードチェック

通信速度を簡単に測定できる大阪ガスのインターネット速度測定サービスです。

「さすガねっと」のお申込み

WEB

電話・訪問

お電話でのご相談・お申込み プラン変更のお申込み

0120-001-021

全日9:00〜19:00

※非常時等にはやむを得ず受付時間を変更する場合があります。

新型コロナウイルスの感染拡大防止対策の継続について(ご理解とご協力のお願い)pdf

窓口でのご相談・お申込み

※「さすガねっと」の解約手続きについては、こちらをご確認ください。

このページのトップへ戻る

大阪ガス ご家庭のお客さま向けホームページ