「大阪ガスの電気」新規お申込みで 抽選で最大10,000円分もらえる!飲食店などで使えるデジタルチケットいっとくパスが必ずもらえるキャンペーン!期間2024年5月13日(月)〜7月31日(水)

Wi-Fi工事が必要な回線は?かかる時間や費用、注意点を解説

2024/02/16

Wi-Fi工事が必要な回線は?かかる時間や費用、注意点を解説

自宅にWi-Fiを導入したいと考えていて、「工事は必要なのか」「Wi-Fiの工事は具体的に何をするのか」「時間や費用はどれぐらいかかるのか」気になっている人もいるでしょう。

結論から言うと、Wi-Fiを利用するための工事は、光回線などを導入する際に発生することがあります。これは、光回線を利用する場合、自宅に回線を引き込む必要があるためです。

Wi-Fi導入時に、予想外の時間や費用がかかってしまうのは嫌ですよね。

この記事では、Wi-Fi工事の流れや工事にかかる時間と費用、注意点などを解説します。情報を事前にチェックして、不安を解消していきましょう。

- 目次 -

Wi-Fi工事とは?工事が必要な回線と不要な回線

Wi-Fi工事は、Wi-Fiを利用するために自宅に回線を引き込む工事のことです。インターネット回線の種類によっては、Wi-Fi利用にともない工事が必要になることがあります。

回線導入後にルーターの設置し、インターネットが利用できるようになります。光回線の工事であれば、回線終端装置の設置まで工事担当者がおこない、利用者自身でルーターの設置や各種の設定をする要があります。

インターネット回線の種類は、主に光回線、ケーブルテレビ、ホームルーター、モバイルWi-Fiなどがあり、工事の必要性で分けると次のとおりです。

Wi-Fi工事 回線の種類 特徴
必要 光回線
  • ・光ファイバーによるインターネット
  • ・安定して高速通信が可能
ケーブルテレビ
  • ・ケーブルテレビの回線によるインターネット
  • ・ケーブルテレビと合わせて利用可能
不要 ホームルーター
  • ・モバイル回線で通信するインターネット
  • ・据え置きルーターを設置して導入する
モバイルWi-Fi
  • ・モバイル回線で通信するインターネット
  • ・持ち歩けて外出先でも利用可能
賃貸向け無料インターネット
  • ・インターネット完備の賃貸物件もある
  • ・追加費用なしでインターネットが利用できる
テザリング
  • ・スマホの通信をWi-Fiでシェアできる機能
  • ・テザリング無料の場合、追加費用がかからない

光回線とケーブルテレビの場合は、それぞれ回線を自宅に引き込む工事が必要です。

一方、ホームルーターやモバイルWi-Fiの場合は、機器を受け取ったその日から工事不要で利用できます。それぞれの回線の特徴を詳しく見ていきましょう。

Wi-Fi工事が必要な回線(光回線・ケーブルテレビ)

光回線は、光ファイバーを通じて光信号で通信するインターネット回線です。利用をはじめるためには、光ファイバーケーブルを自宅まで引き込む開通工事が必要です。

光回線は自宅まで光ファイバーで接続されるため、安定した高速通信が特徴です。本格的にインターネット環境を導入したい人におすすめです。

ケーブルテレビのインターネットは、ケーブルテレビを視聴するためのケーブルを利用してインターネットに接続します。こちらも自宅にケーブルテレビの回線を引き込む工事が必要です。ケーブルテレビと合わせて契約ができるのがメリットです。

ただし通信速度は、光回線に比べるとケーブルテレビは低速である傾向にあります。

光回線の工事は不要になるケースもある

光回線でも、いくつかのケースでは工事が不要になります。

たとえば、入居した時点で光コンセント設置済み、回線導入済みの場合は、自宅での工事が不要になることがあります。

また、光コラボから光コラボへの事業者変更、フレッツ光から光コラボへの転用では既存の回線が利用できるので、自宅での工事は不要です。

Wi-Fi工事が不要な回線(ホームルーター・モバイルWi-Fi)

Wi-Fi工事が不要なインターネット回線としては、ホームルーターやモバイルWi-Fiがあります。

どちらも携帯電話回線などの電波を受信して通信するインターネット回線です。最近では5Gによる通信に対応するサービスもあり、以前に比べると高速で通信できる傾向にあります。

ホームルーターは、コンセントにさして自宅で使用する据え置き型のルーターで、手軽に自宅用のインターネット回線がほしい方におすすめです。

モバイルWi-Fiは、バッテリー内蔵で充電して持ち歩けるタイプのルーターで、外出先でもインターネットを利用できる点がメリットです。

しかし、ホームルーターやモバイルWi-Fiは、契約プランなどによってデータ容量の上限を設けられている場合があるため注意しましょう。なお、通信速度については光回線などが有利です。

Wi-Fi工事の内容と流れ

光回線やケーブルテレビを導入するためには、回線を引き込む工事が必要です。工事自体は担当者がおこないますが、内容を把握しておくと不安が少なくなるでしょう。

以下では、光回線とケーブルテレビそれぞれのWi-Fi工事の流れを紹介します。

光回線のWi-Fi工事

光回線のWi-Fi工事は、戸建とマンションで異なります。戸建の場合は、電柱から室内まで光ファイバーケーブルの引き込みが必要です。

一方、マンションの場合は、共用スペースまで引き込みが完了していることが多く、工事をする場合、各部屋までの配線工事がおこなわれます。

戸建とマンション、それぞれについて工事の流れを見ていきましょう。

戸建の場合

戸建の場合は、まず電柱から外壁へ光ファイバーケーブルを引き込む必要があります。外壁へ引き込む際は、必要に応じて金具などで外壁へ固定します。

加えて、屋外から屋内へ、電話用配管やエアコンダクトを通じて光ファイバーケーブルを引き込みます。配管などの利用が難しい場合は壁に穴をあけることもあるので、理解しておきましょう。

屋内まで光回線を引き込んだあとは、壁に光コンセントが設置されます。回線終端装置を室内に設置し、光コンセントと接続して工事は完了です。

工事完了後は、利用者自身でパソコンやルーターの初期設定をすれば利用を開始できます。

マンションの場合

マンションの場合は、まず共用スペースまで光回線を引き込む工事をおこないますが、多くのマンションではこの工事がすでに完了しています。

その後、共用スペースから各部屋までの配線工事をおこないます。

各部屋までの配線方式は、「光配線方式」「VDSL方式」「LAN配線方式」の3種類です。配線方式は、マンションごとに異なります。

配線方式 共用スペースからの配線方法
光配線方式 光ファイバー
VDSL方式 電話回線用ケーブル
LAN配線方式 LANケーブル

光配線方式の場合、共用スペースから各部屋までの配線工事をおこないます。

一方、VDSL方式では既存の電話回線用ケーブルを利用するため、基本的に工事は不要です。なお、LAN配線を施工する場合は、管理組合やオーナーによる工事の対応が必要です。

ケーブルテレビのWi-Fi工事

ケーブルテレビの場合は、光・同軸ハイブリット型(HFC)と全光ファイバー型(FTTH)で工事内容が異なります。

光・同軸ハイブリット型(HFC)の場合、住宅の外壁に保安器を取り付けて、電柱から保安器まで同軸ケーブルを引き込みます。宅内工事は、テレビや録画機器との接続が必要です。インターネットの工事は、自宅内のモデムまで配線がおこなわれます。

一方、全光ファイバー型(FTTH)の場合は、住宅の外壁へV-ONU(TV用回線終端装置)を取り付けて、V-ONUへ光ファイバーケーブルを引き込みます。宅内工事は、テレビや録画機器との接続が必要です。インターネットの工事は、D-ONU(通信用端末) まで配線がおこなわれます。

Wi-Fi工事にかかる時間・期間と工事費用

Wi-Fi工事にかかる時間・期間と工事費用

Wi-Fi工事にかかる時間と開通までの期間の目安は、次のとおりです。

回線 工事にかかる時間 開通までの期間 工事にかかる費用
光回線 1〜2時間程度 2週間〜数ヶ月 〜5万円程度
ケーブルテレビ 1.5〜2時間程度 数週間 〜8万円程度

工事にかかる時間は、光回線で1〜2時間、ケーブルテレビで1.5〜2時間程度が目安です。

申し込みから開通までの期間は、光回線で2週間〜数ヶ月、ケーブルテレビで数週間程度かかります。いずれも工事当日には立ち会いが必要となるため、予定に組み込んでおきましょう。

光回線の工事にかかる費用は〜5万円程度が目安です。キャンペーンで割引になることも多いので、契約先で実施中のキャンペーンはぜひチェックしておきましょう。

ケーブルテレビの標準工事費の目安は〜8万円程度で、契約先ごとに金額が大きく異なります。光回線に比べると高額になるケースも少なくありません。

ケーブルテレビの場合もキャッシュバックなどのキャンペーンが実施されていることはあるため、契約可能なエリア内でキャンペーン実施中の契約先がないか、確認することをおすすめします。

Wi-Fi工事の注意点

Wi-Fi工事の注意点も確認しておきましょう。Wi-Fiの工事で特に注意しておきたいのは、以下の3点です。

  • ●賃貸では工事の前に許可を取る必要がある
  • ●工事ができないこともある
  • ●光回線の工事は不要になるケースもある

賃貸では工事の前に許可を取る必要がある

賃貸物件でWi-Fi工事をする場合は、事前に管理会社やオーナーに工事の許可を取っておきましょう。許可なくWi-Fi工事を実施すると、高額の退去費用を求められる可能性があるので注意してください。

工事ができないこともある

許可は取れても、立地や周囲の障害物、建物の構造による問題などでWi-Fi工事ができないこともあります。また、自宅が検討中の光回線の対象エリア外の場合は、当然利用できません。工事の可否だけでなく、対応エリアも事前に確認しておきましょう。

工事が実施できない場合は、ホームルーターやモバイルWi-Fiなどで代用する選択肢もあります。検討中のサービスエリア外の場合は、別のサービスの対応エリアを確認しましょう。

工事の受付は先着順になる

光回線の工事は、基本的に先着順で日程が埋まっていきます。そのため、希望の日程で予約をしたいと考えているなら、早めに予約を進める必要があります。

繁忙期などになると予約が埋まっていて希望の日程での予約が難しくなったり、予約が取れず開通までに時間がかかったりすることもあるので、その点は理解しておきましょう。

高速なWi-Fi環境を目指すなら大阪ガスの「さすガねっと」がおすすめ!

高速なWi-Fi環境を目指すなら大阪ガスの「さすガねっと」がおすすめです。

「さすガねっと」では下り最大10Gbps(※1)に対応した高速のインターネットサービスを提供中です。プランは以下の5つから選べます。

プラン 下り最大通信速度(※1) 月額料金(税込)(※2)
めちゃはやプラン 最大2Gbps 戸建:3,080円〜
2年目以降:5,500円〜
はやとくプラン 最大概ね1Gbps 戸建:2,970円〜
※2年目以降:5,390円〜
マンション:2,530円〜
※2年目以降:4,070円〜
とくとくプラン10G(※3) 最大10Gbps 戸建:3,740円〜
※2年目以降:6,930円〜
とくとくプラン1G(※3) 最大1Gbps 戸建:2,970円〜
※2年目以降:5,390円〜
マンション:2,530円〜
※2年目以降:4,070円〜
とくとくプラン320M(※3) 最大320Mbps 戸建:2,750円〜
※2年目以降:4,950円〜
マンション:2,200円〜
※2年目以降:3,850円〜

各プランの標準工事費は、工事費相当額割引で実質0円(※4)です。割引適用で毎月の料金がしっかり抑えられます。

なお、「めちゃはやプラン」「とくとくプラン10G」「とくとくプラン1G」「とくとくプラン320M」では、ONUに無線LAN機能が標準装備(※5)のため、手間なく利用をはじめられます。

「めちゃはやプラン」は3年(経過後の継続契約は2年単位で自動更新)、「はやとくプラン」と「とくとくプラン」は2年の自動更新型の定期契約です。なお、はやとくプランの契約期間なしプランをお申込みの場合は、契約解除料がかかりません。

新たにインターネット回線の契約を考えている方は、ぜひ大阪ガスの「さすガねっと」を検討してみてください。

月額料金や通信速度、各種適用条件、注意事項などの詳細は、下記からご確認いただけます。

プランにお悩みの方は、4つの質問に答えるだけでおすすめのプランがわかる簡単プラン診断を、ぜひお試しください。

  • (※1)最大速度は、規格上の最高速度であり、回線の混雑状況やお客さまの通信環境などにより、実際の通信速度は低下(変化)します。
  • (※2)「スタート割」、「ガスセット割」を適用した月額料金です。「スタート割」、「ガスセット割」の詳細はこちらをご確認ください。2年目以降の月額料金は、こちらをご確認ください。
  • (※2)「スタート割」、「ガスセット割」を適用した月額料金です。「スタート割」、「ガスセット割」の詳細はこちらをご確認ください。2年目以降の月額料金は、こちらをご確認ください。
  • (※3)さすガねっと「とくとくプラン」は株式会社ジェイコムウエストが提供し、大阪ガス株式会社が取次事業者として販売しているインターネットサービスです。
  • (※4)【工事費相当額割引について 】
  • (※4)【工事費相当額割引について 】
  • 【適用条件】
  • ●大阪ガスのインターネット「さすガねっと」に新規でお申込みいただくこと(当社インターネット契約を解除し、同一設置場所にて同一プランで再申込みの場合、対象外になります)。
  • ◎「はやとくプラン」の契約期間なしプランをお申込みの場合は対象外となります。
  • 【ご注意事項】
  • ◎対象サービスのインターネット標準工事費が発生しない場合、本ご契約特典の適用対象外となります。
  • ◎途中解約された場合は、インターネット標準工事費の残債額を一括請求いたします。
  • ◎引越し起因の解約であっても、契約解除料およびインターネット標準工事費残債額は発生いたします。
  • ◎毎月のご請求額から、インターネット標準工事費の毎月の分割請求額と同等額を割引します。
  • ◎工事はインターネット標準工事費のみが対象となります(固定電話やテレビの工事費または土日、祝日工事などの追加料金は対象外となります)。
  • ◎割引の適用開始時期に関しては、契約約款をご確認ください。インターネット標準工事費が分割払いの場合、ご利用開始日の属する月の税率での分割払いとなります。別途追加工事費が発生する場合があります。詳細はこちらをご確認ください。
  • ◎割引の適用開始時期に関しては、契約約款をご確認ください。インターネット標準工事費が分割払いの場合、ご利用開始日の属する月の税率での分割払いとなります。別途追加工事費が発生する場合があります。詳細はこちらをご確認ください。
  • (※5)利用できる機器については、こちらをご参照ください。
  • (※5)利用できる機器については、こちらをご参照ください。

まとめ

Wi-Fi工事は、光回線の場合、戸建なら電柱から自宅内までの引き込み、マンションなら共用スペースからの引き込みをおこないます。ケーブルテレビのインターネットも、利用をはじめるためには回線を引き込む工事が必要です。

また、ホームルーターやモバイルWi-Fiの場合は工事不要のため、基本的には機器を受け取ったその日から利用できます。

ぜひWi-Fi工事の内容や必要性を理解して、スムーズにインターネットの利用をはじめましょう。

なお、大阪ガスでは、高速通信に対応したインターネットサービス「さすガねっと」を提供しています。高速なWi-Fi環境を目指している方は、ぜひ利用を検討してみてください。

ご自宅のインターネットが遅くてWi-Fi導入を考えている方は、下記の記事も参考にご覧ください。

\インターネットの通信速度を測定してみよう/

SPEED CHECK スピードチェック

通信速度を簡単に測定できる
大阪ガスのインターネット速度測定サービスです。

「さすガねっと」のお申込み

WEB

電話・訪問

お電話でのご相談・お申込み
プラン変更のお申込み

0120-001-021

全日 9:00〜19:00

※非常時等にはやむを得ず受付時間を変更する場合があります。

窓口でのご相談・お申込みはこちら

※「さすガねっと」の解約手続きについては、こちらをご確認ください。

さすガねっとTOPへ戻る