大阪ガスの電気 新規ご契約で素敵なプレゼントが当たる! 家計おたすけキャンペーン

会員サイト「マイ大阪ガス」登録キャンペーン実施中!
ご家庭のお客さま > お客さまサポート > ガス機器のお手入れ方法

ガス機器のお手入れ方法 ガス機器を安全・快適にお使いいただくために、日々のお手入れ方法をご紹介いたします。

安全にお手入れいただくために

  • ガス栓を閉める

    お手入れを始める前には必ずガス栓を閉め、機器本体が冷えていることを確かめる。

    1.ガス栓を閉める

  • 電源プラグを抜く

    電源を使用している機器のお手入れ時は、乾いた手で電源プラグをコンセントから抜く。(濡れた手で触ることによる感電やけがの防止)

    2.電源プラグを抜く

  • 手袋をつける

    安全にお手入れするため、手袋を使用する。

    3.手袋をつける

  • 用途に合わせた洗剤を使用する

    アルコール・ベンジン・シンナー・研磨剤入り洗剤などはガス機器の変質・変形・損傷の原因となるため使用しない。

    4.用途に合わせた洗剤を使用する

各機器ごとのお手入れ

ガス機器ごとのお手入れ方法について記載しています。機器の種類によってお手入れ方法は異なりますので、より詳しいお手入れ方法については、各商品の取扱説明書にてご確認ください。

ガスコンロのお手入れ

日々のお手入れやガンコな汚れの落とし方など、お手入れ時の注意事項を以下にまとめております。

ガスコンロのお手入れBOOK

ガス炊飯器のお手入れ

炊飯がま・内ぶた

使った後は取りはずして、中性洗剤を使用し、スポンジ等やわらかいもので洗ってください。

炊飯がまのフッ素樹脂加工を長持ちさせるポイント
  • ・炊飯がまでお米を洗わない。
  • ・酢など酸の強いものは使用しない。
  • ・研磨効果の高い洗剤や硬いスポンジ・金属たわしで洗わない。
  • ・食器洗い乾燥機で洗わない。
  • ・食器や刃物を入れない。
  • ・ごはんがこびりついたときはつけ置き洗いをする。
  • ・炊き込みご飯などで調味料を使用した後は保温せず早めに洗う。

外枠・外ぶた・つゆ受け枠

よく絞った布で拭きます。汚れのひどい時は中性洗剤を含ませた布で汚れを落とした後、洗剤が残らないように十分に拭き取ってください。

炊飯がま・内ぶた

ガスオーブンのお手入れ

オーブン皿・電子レンジ皿・網

ご使用のたびに、中性洗剤を溶かした水につけ、スポンジなどやわらかいもので洗ってください。
水洗いした後は乾いた布で十分に水気を拭き取ってください。

オーブン皿・電子レンジ皿・網

オーブン庫内

汚れたら濡れぶきんですぐ拭き取ってください。汚れがひどいときは、中性洗剤をふきんにしみ込ませて拭き取るようにしてください。強くこすると塗装がはがれる原因になります。
研磨剤入り洗剤・漂白剤などは使用しないでください。
また、セルフクリーニング加工されている庫内は乾いた布でから拭きしてください。
洗剤を使用すると、セルフクリーニングホーローが目づまりし、セルフクリーニングの効果が低下することがありますので、から焼きやから拭き以外はしないでください。

オーブン庫内

ガスファンヒーターのお手入れ

エアフィルター

機器背面にあるエアフィルターを取り外し、ほこりを掃除機などで取り除いてください。
油などによるほこりの付着がひどい場合は、中性洗剤で洗い、十分に乾燥させた後、エアフィルターを元の位置に取り付けてください。また、空気清浄フィルターは空気清浄能力が低下する為、水洗いしないでください。

エアフィルター

温風吹出し口

ほこりを掃除機などで取り除いてください。
温風吹出し口に白い粉や汚れが付着することがありますが、異常ではありません。
やわらかい布で拭き取ってください。

温風吹出し口

ガスファンヒーター点検整備のおすすめ(有料)

機器内部にほこりがたまっている状態で、そのままお使いいただくと、思わぬ事故につながるおそれがあります。
定期的(3シーズンに1回程度)に「点検整備」を受けられることをおすすめします。
「点検整備」はお買い上げの販売店、お近くのサービスショップにご依頼ください。

このページのトップへ戻る

大阪ガス ご家庭のお客さま向けホームページ