もっとおトクに!もっとワクワク!ガスフェス 開催期間:2022/6/1〜7/18

ガスファンヒーターは、10年前よりこんなに進化

省エネ
「エコ運転」機能

「エコ運転」は、お部屋の温度が設定温度になると自動的に設定温度を下げます。さらに、お部屋の温度が設定よりも高くなった時には、自動で運転をOFF、低くなるとONする機能です。自動で運転をOFFできない従来の「セーブ運転」より優れ、暖めすぎを防ぐので、ガス代の節約につながります!

  • ※急な温風や運転音の上昇を抑える「パワーセーブ機能」を搭載している機種もあります。(140-6103、6113、5615、6123、6133、5902、5912型)
  • ※静音点火機能搭載機種以外は再点火時にスパーク音が発生します。

省エネ 「エコ運転」機能 エコ運転開始! 1℃下がります さらに1℃下がります

省エネ・快適
「スポット暖房」機能

「スポット暖房」は足もとや周辺だけを暖めることのできる運転モード。「1人でいる時に部屋全体を暖めるのはちょっと…」というお客さまの声を元に生まれた、2015年発売商品からの便利な機能です!

省エネ・快適 「スポット暖房」機能 上手に使えばガス代の節約にも!

省エネ・快適
温度設定の下限域を12℃へ

最も低い温度設定が、従来は16℃でしたが、2015年発売商品から全機種で12℃まで下げられるようになりました。幅広い温度設定ができるようになり、快適性がアップしています。

省エネ・快適 温度設定の下限域を12℃へ

ご相談・お問い合わせ

サポート情報

換気についてのお願い

ガスファンヒーター、ガスストーブ、小型湯沸器などのガス機器は、室内で換気不十分な状態で使用すると不完全燃焼による一酸化炭素中毒を起こし、死亡事故に至るおそれがあります。

ガスファンヒーター、ガスストーブをご使用いただく場合は、1時間に1〜2回(1〜2分)程度換気してください。

ガスストーブは、換気してもバーナー部分が傷んでいたり、ほこりが詰まると一酸化炭素が発生し危険な状態になることがあります。異常を感じられた場合はご使用を中止し、販売店もしくは大阪ガスまでご連絡ください。